周りから言われる~論について

発達障がい児、グレーゾーン:才能がある、天才が多いって嘘なの?本当?

女の子の山をあるく後姿

「発達障がいの子供は才能が多いです!」

「発達障がいの子どもは素晴らしい感性を持ってます!」

などと雑誌やサイトでもよく目にします。

私もそう思っていたのですが・・・。

さくら
さくら
現在はちょっと考え方が変わっています。

息子が発達障がいグレーかも??という当時、毎日、毎日、検索の日々でした。

「発達障がいの子供は才能が多い!!!」というサイトを目にした時に、うちの子も才能がたくさんあるのかもしれない!と期待を抱いたものです。

 

この才能と言う言葉って、お母さんにしてみたら希望のように感じてしまいませんか?

 

発達障がいかもしれないけれど才能があれば困らないかもしれない。

将来、才能を活かして頑張って行けるかもしれない。

 

そんな希望がたくさん出てきます。

不安な時期だからこそ、希望を抱いてしまうのだと思います。

スポンサーリンク

発達障がいの子どもは才能があるのか?

これは「子供による」としか言えません。

がっかりせずに少し読み進めてみてくださいね。

 

健常の子供であっても、発達障がいグレーの子供であっても、才能があるないは子どもによりますしIQが高いというのも子供によります。

 

一概に発達障がいグレーの子供が才能があるというのは、全ての子供に言えることではないと思いました。

 

また習い事の考え方も変わりました。

もし習い事が上達しないとか、どの習い事しても変わりがないと、イライラしているお母さんが読んでくれていたら、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

 

才能=聴覚過敏のや特性の裏返しかもしれない

ツライ

息子の場合ですが、とても耳がよく英語でも音楽でも、すぐに耳でおぼえてしまいます。

私も純粋に「すごいなあ!!」と才能かもと思っていたのですが

 

さくら
さくら
ちょっと待てよ?

 

息子は聴覚過敏があります。

その特性「才能」と言われることがあったのです。

 

自分の好きな事をする時に、集中をして何でも取り組んでいく所を見て、

周りの人
周りの人
意欲的で素晴らしい!

と言って頂いたことがあっても、それはただ過集中をしているだけでした。

 

「凄いね!」「才能だね!」と言われることが、特性ということの裏返しなことが多々ありました。

 

それって本当に素直に喜んでいい才能なのだろうか。

子どもにとって、それは嬉しいことなのだろうか。

楽なことなのでしょうか。

 

抱えていくのは子どもであるという認識

私が過去、間違っていたのは「才能があれば、なんとなくみんなと馴染めるかも」と期待していたのです。

 

凹があったとしても凸があれば一目置いてもらえるかも。

将来もそれで大丈夫かもしれない。

 

これって誰の願望かというと、間違いなく私の期待であり願望だったのです。

 

将来これから先抱えていくのは誰でもなく子どもなのです。

才能だね!と言われている音に関しても、聴覚過敏で嫌な音になってしまったり、ストレスに感じてしまう事もあるのですよね。

 

才能なのか特性なのかというのはその時の状況や環境に左右されます。

 

体調によっては特性になり、場所によっては才能と呼ばれることを子どもはずっと抱えて生きていくということを、私たちは特に考えていかないといけないと思うのです。

才能があるは嘘なの?

才能があるっていうのは嘘なのか。

どちらかは子供によって変わりますが、お母さんを苦しめる言葉でもあります。

 

発達障がいグレーゾーンなんです。とカミングアウトした時に

お母さん
お母さん
でも、天才肌って聞くことあるわ~

 

先生
先生
得意な事を伸ばしてあげて下さいね

などなど言われたこともあります。

 

習い事をさせてみたり、色々なことを経験させてみたりしても「これは才能だ!」ということには出逢えませんでした。

 

私はまだ見ぬ才能を発掘しようと、必死になっていた時期もありました。

さくら
さくら
どれが才能なのかな?

こっちが「あれはどう?これはどう??」と手を変え品を変えしていても、子どもからは「楽しい!」以上のことは引き出せませんでした。

 

習い事から家に帰っても、自らそれをすることもなく、テレビを見たりしていたところを見ると「そんなに好きじゃないのかなぁ」「過集中を発揮するぐらい好きじゃないないんだな」とガッカリしていたのを覚えています。

 

さくら
さくら
これじゃないのかな

 

テレビの番組などで「発達障がいのこどもは才能がある」と、このフレーズが多く使われることによって「この子の取り柄って何にもないじゃないの」と苦しめられるお母さんがいらっしゃるのも事実なのです。

 

才能を見つけてあげたいと思うのは、親であればごく自然のことだと思いますが、才能みつけに必死になりすぎて疲れてしまうことも残念ながらあります。

 

どこに才能があるかわからないから、習い事をたくさん行かせていたときもありました。

 

スポンサーリンク

才能の見つけ方

将来の仕事に繋がらなくても

  • 電車の名前を覚えるのは得意
  • ブロックを組み立てるのは得意
  • 音を聞き分けるのは得意
  • ゲームは得意

 

などなど、好きな事の中で得意を見つけていくのは比較的簡単です。

発達障がいの子どもや、グレーゾーンの子どもは、自己肯定感がなくなりやすいので、こういった所から自己肯定感を上げていくのは大切だと私は思います。

 

発達障がいの子どもの二次障害について発達障害の問題について、私が考える1つの中で二次障害というものがあります。 ...

 

普通に見えるからこそ求められることが多く「なんで出来ないの?」と言われる事も少なくありません。

だからこそ、自己肯定感があがりやすい得意な分野を、子供自身が把握しておけば、自分にはこれがある!と思えますよね。

子ども
子ども
ぼく、これ出来るねん!好きやねん!

親にしても、あなたはこれがとっても上手だね。と褒めるか所があるので、怒ってばかりになってしまうということも避けられるのではないでしょうか。

 

ゲームばかりする

よく聞く困った事と言えば「ゲームばっかりする!」「好きな事をしている時は切り替えができない!」これって本当にあるあるですね。

 

ゲームばっかりしていたり、好きな事をしだすと気持ちの切り替えが難しく、他のことにとりかかれない。
その場合は時間を決めたり、宿題や自分がやることが終わればゲームをしていいよ。とご褒美として事前に話をするといいでしょう。

 

ADHDでは脳の神経伝達物質(脳内の神経細胞の間で情報をやりとりする物質)であるドパミンやノルアドレナリンの働きが不足気味であることがわかっており、これらの神経伝達物質の機能が十分に発揮されないために、不注意や多動性があらわれるのではないかと考えられています。
また、実行機能は前頭前野と呼ばれる大脳の一部で調節されていますが、ADHDでは前頭前野を含む脳の働きにかたよりがあるとも考えられています。引用:https://adhd.co.jp/kodomo/about_adhd/

 

ゲームやユーチューブといったものは、ドーパミンを増やすとの見解もあり、長時間すると依存傾向になる恐れもあるという研究も出ていますので、長時間というよりも時間を決めてさせたほうがいいでしょう。

 

タイマーを活用したり時間を先に伝えておくなど、先に先に子供に伝えることで、ここでストップだよと伝えてあげて下さいね。

習い事でも好きな事でも「出来た」を増やす

天才や才能といった突出したものを見つける為の習い事ではなく、好きな事や習い事で小さな「出来た」を増やす事で、子どもも自信がもてて、その事柄がもっと好きになっていくのだと私は思います。

子ども
子ども
これ好き~

息子で言えばスイミングがそれに当たります。
元々、水が大好きでプールの時期は毎日ウキウキです。
スイミングに通いだして、少しずつできたを増やし進級試験に合格すると、とてもいい笑顔で報告してくれます。

 

出来たを積み重ねていくと、もっと好きになって、自信が持てて楽しくなって、もっとしたくなる。

 

こんなループです。

さくら
さくら
スモールステップですよね!

もちろん進級試験に落ちることも多々あります。

息子は悔しがりますが癇癪を起す事はありません。

 

ここは出来てるから、あとはここが出来るようになれば、次は合格できるかもしれないね!とこちらも声掛けがしやすいのです。

 

才能を探そうと必死に習い事にどんどん申し込んでいた私としては「あ。習い事って才能発掘じゃないんだな」と考え方が変わりました。

 

別に才能って訳じゃなくても、小さな出来たの積み重ねが出来て、子どもが楽しく通えるのであれば別にそれでいいや。

 

今はそんな軽い気持ちで居ます。

 

そうやって好きな事が徐々に増えて

子ども
子ども
僕はこれが好き!」

 

と笑顔で言ってくれることが1番なのだと思います。

 

お母さんも「好きな所伸ばしてあげてね~」に疲れてきてしまうときもあるでしょう。

そんなときは少し考え方を変えて「出来た!」が沢山あればいっか。

ぐらいで考えると楽になるかもしれませんね。

発達障がいの子どものためのタブレット教材はこちら

7月31日までは入会金10,800円が無料!

>>苦手な所はさかのぼり学習ができる無学年タブレット教材:すらら<<

関連記事



LINEを開設しました。

600人登録ありがとうございます!!

こちらには

お知らせなどを送らせて頂きますが

感想やお悩みなどもかいて

頂けると読ませて頂きます!

よろしければ

登録お願い致します。

友だち追加
ABOUT ME
さくら
発達障がいグレーゾーンの子どもがいる母親です。 どうにかできないかと奮闘した過去があり 現在は楽しみながら家庭療育や考え方の見直しをしています。 独りで辛かった過去から、今の悩んでいるお母さんの力になれればと思い サイトを立ち上げました。
関連記事はこちら
療育

人気の放課後ディ:放課後デイってなにするの?

2017年4月20日
子供の発達が遅くて心配になったら|発達障害グレー様子見の子ども実体験ブログ
我が家の息子は、学童ではなく様子を見た結果 放課後デイにいくことにしましたが、周りからは色々と言われました。 なんで普通なのにいくの??って言われました。 (さ …
お金 療育

発達障がい児はお金がかかる?:「健常の子ならいらないお金」経験した感想

2017年11月27日
子供の発達が遅くて心配になったら|発達障害グレー様子見の子ども実体験ブログ
発達障がいの子どもは「とてもお金がかかる」と言われたことがあります。 それって本当なのでしょうか? まだ、私の息子は7歳ですが、 …