発達検査の方法はたくさんありますが

時期というのがあります。

 

そして、受けれる間隔があるので

ちょっと注意が必要です。

 

 

発達検査と

知能検査があるのを

ご存知でしょうか?

 

発達検査はだいたい

1種類。

 

知能検査は

3種類に分かれます。

 

 

発達検査と知能検査の違い

スポンサーリンク

 

この違いの1つは

適用年齢があります。

 

発達検査を

1番始めに受けることがおおいと思いますが

発達検査は乳児も対象になります。

 

例えば3歳児検診などで

「発達テストうけますか?」と言われた場合

だいたい発達検査になります。

 

 

知能検査は

物事に関する理解、

何かの課題の解決の仕方など

認知能力を中心に検査していきます。

 

 

反対に発達検査は

身体の機能や

社会性を含めた幅広く検査ができます。

 

 

乳児にたいして

知能検査は難しくなってくるので

発達検査を使用していきます。

 

次に、種類を書いていきます。

 

新版K式発達検査

これは代表的な

発達検査の1つです。

 

他にも種類があるのですが

新版K式発達検査が出来てからは

この形式が使われるようになっています。

 

開発されたのが京都なので

京都では幼児以降も

使われることが多いです。

 

もともとは

0歳~10歳で

次に13歳まで拡大され

今の新版K式発達検査2001では

成人まで適用されています。

 

子どもの発達の偏りを

「姿勢・運動(P-M)」

「認知・適応(C-A)」

「言語・社会(L-S)」

で検査結果があり

「全領域」

発達年齢と発達指数が表記されます。

 

 

3歳以上の子どもには

「認知・適応(C-A)]

「言語・社会(L-S)」

に重点を置いているようです。

 

 

このとき

検査をしてくれる心理士さんは

言語の反応

感情・情緒

動作なども記録して

総合的に判断していきます。

 

息子が受けたのは

この新版K式ですが

詳しい心理判定結果報告書

後日郵送してもらうことができます。

 

そこに心理判定の所見などが

記載されており

支援が必要な箇所などの

記載があります。

 

そこに多弁であったり

コミュニケーション能力の凸凹などが

書いてありました。

 

必ず郵送してくれる訳ではないので

検査を受けて

心理判定結果報告書がほしい場合は

一言、心理士さんに

声をかけるといいと思います。

 

 

我が家では

この報告書を持って

進学の相談に

校長先生とお話をしました。

 

 

 

田中ビネー式知能検査Ⅴ

スポンサーリンク

 

こちらは知能検査になりますが

総合的な知的水準しかわからないため

認知機能の凸凹や

不得意得意までは

分かりにくい為

あまり使用されることはなくなってきました。

 

 

WISC

こちらはアメリカで主に使用されている形式ですが

日本向けに使えるように

改正されたりするのが

数年という年単位での時間が必要なので

最新版がアメリカとは違います。

 

 

内容も複雑で

検査時間が長くなってしまうので

子どもが飽きてしまったり

出来ないことにより

やる気をなくしてしまったりと

子どもに負担やストレスを与えてしまう場合もあります。

 

 

また、時間が長く

内容も複雑なので

IQが低く出てしまうこともあります。

 

適用年齢は5歳~17歳未満。

 

内容がやや難しいので

1番の問題は点数を取れない検査が

いくつかあると知能指数を算出できないのです。

 

なので、検査をするのであれば

小学校高学年や

中学生ぐらいのほうが

安定してくるでしょう。

 

 

小学生低学年では

難しい問題も多いので

受けてみても

指数算出が出来ないということにも

なりかねません。

 

算出できない(知能指数50以下の場合も)

正確な数値が出てこないので

田中ビネーや新版K式で

再度行ったりすることになります。

 

診断書や報告書を

書いてもらうことも

可能です。

 

WAIS-Ⅲ

こちらの対象年齢は

17歳以上です。

 

感覚的には

WISCの成人版と言った感じです。

 

こちらもWISCと同様に

時間がかかりやすい検査となっています。

算出出来ない場合や

知能指数50以下の場合の

テストの切り替えの必要性も

WISCと同様です。

 

 

検査実施の時期に注意

スポンサーリンク

 

例えば療育手帳の交付を考えていたり

児童福祉センターなどで

発達テストを行う場合

ほぼ新版K式発達検査が適用されます。

(これは地域の違いもありますので確認してみてください)

 

医療機関はWISCが多いようですし

センターでもこの形式を扱える心理士さんが

いらっしゃれば検査を受けることが出来ます。

 

 

どちらにせよ

発達障害というのは

1度検査を受けたからと言って

全てがきまるわけではありません。

 

子どもの体調や

気分、情緒によっても

判定結果は左右されます。

 

なので、1度受けた後に

観察をして経過をみていくことが

大切なことになっています。

 

 

また、今では

知的障害を伴わない

発達障がいがあるため

さらに経過観察が必要でしょう。

 

 

この経過観察の期間ですが

1歳~3歳未満は3か月以上

3歳以上は6ヶ月以上

7歳以降は1年~2年以上

期間をもつことがいいと言われています。

 

 

頻繁に検査を行うと

検査内容を覚えてしまったり

伸びしろがわかりにくいなどの

問題が起こり

正確な指数がわからなくなってしまいます。

 

親としては

発達の伸びは気になるので

頻繁に受けたいところではありますが

「期間を開ける必要がある」のです。

 

 

節目に発達検査を受けられない!

スポンサーリンク

 

小学校進学にあたり

普通級がいいのか

支援級がいいのか

悩みますよね。

 

その時の1つの指標が

発達テストだったりするわけです。

 

上でかいた

「期間が必要」というのが

ここで出てきます。

 

 

年中から年長にあがる春ごろに

発達検査をうけたとしたら

進学のことで

悩みだす夏ごろに

テストを受けられない可能性も出てくるのです。

 

 

実際、私の身内で

受けられない人がいました。

 

年中から年長になるにあたり

心配で検査を受けたが

進学に悩みだす夏に

もう1回うけようとしたら

受けられなかったので、

期間が空いた

ギリギリにテストを受けたかたがいます。

 

 

そうすると

親も不安になり

ばたばたしてしまい

進学を決めるために

早く動き出す時間が

短くなってしまい

焦ってしまいますよね。

 

 

そうならないために

年中あたりから

発達検査の時期は

考えておいたほうがいいですね。

 

 

私もこの体験を知っていたので

発達検査の時期は

考えて動いていました。

 

 

また、進学のときは

教育委員会で

テストを受けるという選択もあります。

 

教育委員会でテストを受ける

良い所や悪いとも取れる面もあります。

 

この話は次にしますね!

 

関連記事

教育委員会で発達検査を受けるメリットとデメリット

教育委員会で発達検査を受けるメリットとデメリット
今日は昨日の記事の続きを書きますね!→関連記事:発達検査は受ける時期に注意が必要私が息子の進学のとき「普通級」が「支援級」かとても迷いました。 発達検査も...

 

 

医療機関で発達検査を受けるメリットとデメリット

医療機関で発達検査を受けるメリット・デメリット
前回の記事の続きです。関連記事:教育委員会で発達検査を受けるメリットとデメリット  医療機関で発達検査を受けるとどんなメリットがあるのでしょうか?&nb...

 

 

就学支援シートを提出するメリットとデメリット

就学支援シートを提出するメリット・デメリット
就学に向けて発達障がいグレーゾーンの場合とても悩むのが進路についてですよね。その際に手助けになるのが就学支援シートです。 私が存在を知ったのは療育先で知...

 

お知らせと小話

このブログの内容が

発達障がいというナイーブな内容のため

コメントをしたいが出来ないという

お問い合わせを頂きました。

 

こちらのブログに関しては

コメントしても全体公開かどうかを

私が選べて基本的に公開しませんので

お気軽にコメントして頂ければと思っています。

 

 

コメントは公開しないと

私からの返信ができないので

ご了承お願い致します。

 

コメントを読ませて頂いて

お声が多いものを

記事にしたり、返信として

記事にさせて頂いたりするかもしれませんので

よろしくお願い致します。

 

 

人気ブログランキングに参加しています。
良かったらクリックおねがいします。

人気ブログランキング

The following two tabs change content below.

さくら

発達障害グレーゾーン様子見の6歳子供の母親です。 赤ちゃんの頃から難しい子と思っていましたが 3歳検診でまさかの発達障害の疑いが・・・。 このブログは、同じように悩んでいるお母さんと想いや悩み そして私の知っていることを共有したい 少しでも多くのお母さんが笑顔になるように思い作りました。 よろしくお願いします。

スポンサーリンク