児童相談所

いわゆる「児相」です。

 

ここには、やはり

虐待とか、ネグレクトとか

イメージがあると思います。

 

私の過去の話ですが

手短にいうと小学生のとき

私は両親から虐待にあっていたわけです。

 

スポンサーリンク

 

それが毎日普通だと思っていましたし

自分が良い子になれば

それで愛してもらえるんだとか

愛されているからこそ

こういうことになるんだとか

そんなことを考えて過ごしていました。

 

子どもって本当に親が大好きだし

嫌い嫌いって言っても

本当は自分を見てほしいから

悪いことをしてみたり

良い子になってしまったり。

 

怖いからいいなりになるってのも

ありますけど・・・。

この話は長くなるので割愛しますね。

機会がもしあれば、その時にでも。

 

この当時、私が「児相」のことを知っていれば

駆け込んでいたかもしれません。

 

 

児童相談所ってどんなところ?

スポンサーリンク

 

世間で児童相談所に

関わったことがあると言えば

「え?なんかしたの?」

的な反応になったりします。

 

それはやはり

児童相談所=虐待

なイメージがあるからだと思います。

 

過去の私の出来事があった分

児童相談所にいくというのは

かなり勇気が必要でした。

 

なんか、行くだけで

悪いことしてるみたいな・・・。

 

でも、役割は

それだけじゃないんですよね。

 

息子のことでお世話になり

親身になって療育先に繋いでくれたり

話を聞いてくれたりするのは

児童相談所だったんです。

 

 

もちろん福祉のかたも

親身になってくれましたが

それはあくまで母親の状況を聞いて

母親の気持ちを楽にしてくれます。

 

また福祉にかたのなかには

知識が無かったり

「子どもさんの性格にふりまわされないでね」って

いう保健師さんもいらっしゃいました。

 

まぁそれだけでもありがたいのですが

こっちが本当に聞きたいのは

子どもに対しての対応とか

接し方を知りたいのです。

 

 

確かに私も経験上

「母親が安定しないと子供も安定しない」

なのですが逆に言うと

「子供が安定しないと母親も安定しない」

ということも言えます。

 

 

どちらが先とか

どちらが後とかではなく

どちらも大切なんですよね。

 

今、現在は

「母親の安定が子供に繋がる」

に考えは落ち着きましたが

子どもに疑問をもってる間は

安定なんて出来ないんですよね。

 

 

あれもだめ

これもだめ

これも違う

あれも違う

 

 

子どもの様子全てが

違和感に感じてしまって

それをおかしいと思う

自分にも嫌気がさして。

 

 

児童相談所というのは

発達検査をしてくれたり

療育、病院などを紹介してくれたり

継続して相談を受け付けてくれるところでもあります。

 

 

息子の低身長も

児童相談所で見つけてもらったもので

そこから大きい専門の病院を紹介して頂き

その時に心臓の病気がみつかったので

紹介がなければ

低身長も心臓の病気も見つかっていなかったのです。

 

 

児童相談所って

とってもハードルが高くおもえますが

勇気をもって相談してほしいと思います。

 

 

療育を早期に受けるのであれば相談を

スポンサーリンク

 

「発達障害は早期発見」

「療育は早いうちに受けた方がいい」

そういわれていますが

実際は半年待ち

1年まちなどが

ざらにあります。

 

 

児童相談所でもそれだけ待ちますが

京都でも有名だとしたら

聖ヨゼフ医療福祉センター

家森クリニックなどですが

発達検査やリハビリをお願いしようと

電話したところ1年以上待ちだと言われました。

(H29、3月現在)

 

 

「忘れたころに電話かかってくるなぁ・・・これ」

それが第一声でした。

 

 

息子はすでに療育も通わせて頂きましたし

精神科医さんとの定期的な面談や

相談もできているので

まぁ1年待つかぁと言えますが

追い込まれているときだったら

とても待てないです。

 

 

発達検査を受ける前・受けた後で不安なお母さんへ:体験したからこそ言えること

上の記事でも

お話ししましたが

待たされるのって

不安で不安でしかたありません。

 

 

自分の理解者が居ない訳ですから

独りで抱えてしまいます。

 

 

待つことはしんどいです。

でも、悩んでいるなら

児童相談所に連絡してほしいと思います。

 

 

そこからが

療育に続く道になります。

 

療育の効果があるの?

ここでもお話しましたが

療育は子供にも

お母さんにとっても

手助けになるのです。

 

そして児童相談所が

療育へつなげてくれる

機関になるのです。

 

 

手助けが必要なご家庭に

正しいサポートが入ることで

育児って断然楽になります。

 

独りで悩んでも

負のループになりますし

解決策がなかなかみつかりません。

 

 

誰だって

子育ては0歳から始まります。

お母さんだって

0歳から始まります。

 

兄弟がいても

その子供の育児は

0歳のお母さんなのです。

 

 

なにもお母さんが

出来ないお母さんとか

ダメなお母さんじゃないのです。

 

 

一緒に成長していけば

いいって私は思います。

 

 

スポンサーリンク

 

小話

児童相談所って

最初に調べた時に

「拉致」とか出てきていたので

見ていたのですが

なんとも言えないなぁって。

 

 

悩んでる人を

怖がらせるだけで

双方の意見を聞いてみないと

なんともならないって正直思いました。

 

 

私が考え付くのは

「児童相談所を見る子供の専門医の機関」

「児童相談所と警察が一緒にうごく」

「児童相談所と親の双方をみる第三者機関」

などの設立

「司法の介入」かなぁと思いました。

 

 

でも子供のことで

悩んでるってことは

虐待とかではなく

真剣に向き合っているということなので

怖がらずに電話してほしいと思います。

 

 

虐待されていた私が断言します。

本当に虐待している親は

このサイトは見ていないと思います。

 

悩んで悩んで

子どものために

模索されている

頑張っている親御さんだと思います。

 

 

人気ブログランキングに参加しています。

良かったらクリックおねがいします。

人気ブログランキング

The following two tabs change content below.

さくら

発達障害グレーゾーン様子見の6歳子供の母親です。 赤ちゃんの頃から難しい子と思っていましたが 3歳検診でまさかの発達障害の疑いが・・・。 このブログは、同じように悩んでいるお母さんと想いや悩み そして私の知っていることを共有したい 少しでも多くのお母さんが笑顔になるように思い作りました。 よろしくお願いします。

スポンサーリンク