周りから言われる~論について

発達障がいは治る?治らない?:希望をただ持たせる言葉に気を付けて

LINE@を登録して頂いたかたから

たくさんの質問を頂きます。

 

「発達障がいは治ると聞いたのですが治るのでしょうか?」

というご質問をたくさんいただきます。

さきに結論をお話すると

「治る」という観点はありません。

 

発達障がいとは生まれつきの障がいです。

障がいと言ってしまうと

とても精神的にしんどくなるのですが

治る、治らないと言った次元ではないのですね。

 

では巷で流行っている

「発達障がいを治す!」というのはどうなのかと言いますと

私の考え方としては少し違います。

 

スポンサーリンク




治すではなく「苦手をカバーして理解し把握してあげる」

私の中ではこれが適していると思います。

 

発達障がいの子どもを育てるというのに

どんな支援が必要かとお母さんは探しています。

 

発達障がいの子どもであっても

凹凸の大きい子どもでも

困るのは苦手な部分を

どうしても自分ではカバーしにくいことが

とても大変なのです。

 

そこに気付きにくかったり

周りに理解をされることがなかったり

知らないうちに自己肯定感が下がってしまったりと。

 

自分でもなんとかしたいけれど

出来ないのが問題なのだと思います。

 

診断名をつけるつけないというご質問も

多く頂きますが、軽度やグレーというのは

支援が入りにくかったり

支援を受けられないことも多く

そのために軽度であっても

診断名をつけてしまおうという考え方と

診断名をつけてしまうとお母さんがしんどくなってしまうとか

本当に色々な葛藤があります。

(これは別記事で詳しく書きたいと思います)

 

ですので、身近な人の理解が必要と言うのは

自分では何ともできない部分を

周りが理解することで手助けをしやすいと考えています。

 

発達障がい=治る

という事ではなく

「発達障がい=苦手をカバーしていく」

と考えて頂きたいなぁと考えていますしお伝えしています。

 

どうしても「治す」という思いから行動すると

裏切られたとか疲れてしまう事になります。

そうではなくて、少しでも苦手をカバーできるように

何が出来るのかと考えて行った方がいいと私は思います。

 

スポンサーリンク




カバーするのは全部お母さんか?

小さい頃は全部ということでもないですが

ほぼ全部と言ってもいいでしょう。

 

対応も分からない事も多いですし

必死になるのも当たり前です。

疲れ果てることも多いでしょう。

 

幼少期はカバーをしたり

理解をすることもお母さんにとっても

大変ですよね。

 

そのために早期発見だとか早期療育とも考えられます。

分かりにくいため専門家さんが必要だったりしますが

グレーすぎると療育にも入ることも出来ず

支援する事も出来ないと言われることもありますよね。

 

ですので民間の療育塾があったり

病院でSSTがあったり

勉強会があったり。

 

その中で動いていくのはやはりお母さんになってしまいます。

どう動いて、どう対応していくのか。

 

最初はカバーする箇所を手探りで探したり

子どもの苦手を見極めたりするのに時間が必要です。

 

しかし、大きくなった時に

解決したりストレスの逃がし方をどうするのかというのは

本人なのですよね。

お母さんとお父さんが居なくなった時に

どうしていけばいいのかを

一緒に探していくのが私たちに出来ることではないかと

私は考えています。

 

お母さんがずっとカバーしてくのかと言われれば

そうでもないのかもしれません。

後々には子供自身の課題だったりします。

 

ですが、その道のりまで行くには

周りの理解が必要でしょう。

 

スポンサーリンク




治るって書いてあるところはたくさんあるのに!

実際調べてみると

確かに「治していきましょう」と書いてあるところはあります。

私としては前にも書きましたが

治るではなく「苦手を薄くしていく」ということです。

 

それが治ると言えばそうなのかもしれませんが

発達障がいの苦手は薄くなったとしても

治ることはないと考えています。

 

息子がそうなのですが

赤ちゃんの頃や5歳ぐらいまでは

聴覚過敏がすごかったです。

 

今では昔ダメだった音でも

ケロっとしています。

「あれ?ダメなんじゃなかったの??」と

こちらがビックリするぐらいです。

 

しかし、体調やその時の気分次第で

また音がダメになったり

「耳が痛い」と言う事もあります。

 

苦手を覚えていてあげると

「あぁ、そうやったなぁ」と思えます。

しかしこんなこと書いてますが

私も息子が発達障がいグレーだと言われた時は

どうやったら治るのか

どうやったら治せるのかと

必死に本気で考えていたのですね。

 

するとどうでしょう・・・。

期待して期待して

何をしてもダメで自分を不甲斐なく感じて

ただただ自分を責めてしんどかったです。

 

発達障がいが治る

発達障がいを治す

ではなく

「苦手な部分をどうするか」

対策をとっていくための療育であり

日々の取り組みなんだと私は考えます。

 

スポンサーリンク




抱えて生きていくのは子ども本人

私たち親は子どもが心配です。

学校のことでも、保育園や幼稚園の事

お友達関係や習い事、生活。

 

全て心配です。

また発達障が告げられたあと

余計に心配になってくるお母さんも多いでしょう。

 

心配だからこそ、傷つかないように

出来るだけしんどくないように子供にとって

何が一番なのかを模索していくのですが

何が正解で何が不正解かも分からないのが実情です。

 

あっちのお家ではこれをしている。

こっちのお家ではあれをしている。

病院ではこういわれた。

心理士さんにこう教えてもらった。

ネットではこうみた。

 

そんな感じで色々な情報をしらべて

お母さんたちも手探りながら

子どもの環境を整えようとして

子どものことを分かろうと努力します。

 

お母さんたちの努力や頑張りは

とても伝わってきます。

私にLINEで相談をして下さるかたや

メッセージを下さる方

全員の方が、とても頑張っておられます。

 

というか「頑張らないとダメ」という感じもします。

 

私も経験したように子供の言動は

お母さんの責任だと言われる事が多く

躾がなってないと言われることも多々あります。

 

「躾でどうにかなるならなってるよ!」

と叫びたいときもありました。

 

さくらさんは怒ることはありますか?

というご質問も頂きますが

怒ることもありますし、泣くこともあります。

決して、いつもニコニコしていて

のんびりとしたお母さんではありません。

どちらかと言うと

自分でやった方が早いならしてしまう方です。

 

そんな私がなぜ、時間がかかろうと

手間がかかろうと子供本人に色々と経験をしてもらっているかといえば

今後生きていくのは彼本人だからなのです。

 

私がどれだけ守っても

どれだけ手助けに入ろうとも

子どもが傷つかないようにと先回りしても

一生守っていくのは不可能です。

 

なので子ども本人が経験をつんで

自分自身の対処や苦手な所、得意な所

そういったところを見て行かないといけないと思うのです。

 

確かに発達障がいが治れば

親としては安心できます。

 

支援はいらないぐらい治ったと言われたとしても

それは発達障がいという名前が無くなっただけで

自分自身と一生付き合っていくのは

誰でもない子ども本人なのです。

 

スポンサーリンク




治ったからと言って

特性や苦手な所が全部なくなることはないと私は思っているので

出来るだけ子ども本人で自分自身で

コントロールできるようにしていく為には、

どうしたらいいのか?を一緒に探して行けばいいと思うのです。

 

もちろんお困りの度合いも違いますので

正解は1つだけではないでしょう。

それぞれの子供に応じた最善の方法をカスタマイズしていけるのが

誰でもないお母さんだと思います。

 

色んな知恵やアドバイスを受けても

それを全部必ずする必要もないですし

自分の子供にあった方法を探して行けばいいのです。

 

子どもの声もちゃんと聞きつつ

あっちでもない、こっちでもないと

方向修正はとても大変ですが

子どもの手助けが出来るようにしていきたいですが

ちゃんと、お母さん自身の声も

聞いてあげてくださいね!

 

一生付き合っていくのは子ども自身ですが

付き合うお母さんも大変です。

疲れてると感じたら、ほっとする時間をもったり

誰かにお話ししたりしてくださいね。

 

関連記事



効果のあった集中力の強化サプリメント



LINEを開設しました。

300人登録ありがとうございます!!

こちらには

お知らせなどを送らせて頂きますが

感想やお悩みなどもかいて

頂けると読ませて頂きます!

全部に返信は出来ない事もありますが

出来るかぎり

返信していきたいと思っています!

よろしければ

登録お願い致します。

 

友だち追加
ABOUT ME
さくら
発達障がいグレーゾーンの子どもがいる母親です。 どうにかできないかと奮闘した過去があり 現在は楽しみながら家庭療育や考え方の見直しをしています。 独りで辛かった過去から、今の悩んでいるお母さんの力になれればと思い サイトを立ち上げました。