療育

手先の強化と数の認識、コミュニケーション強化はボードゲームでしてみよう!

家庭療育ボードゲーム

発達がゆっくりな子ども達は手先が不器用だったり、順番が待てなかったり、数の認識が「え?違うよ?」ってことがよくあります。

結果それが、検診などで指摘され療育の話や、発達の遅れの話に繋がることもよくあります。

 

今の段階では指摘はされても具体的な案は提案されない事も多く、親御さんがどうしたらいいのか分からず悩んでしまうことも多々ありますよね。

私もそのうちの1人でした。

さくら
さくら
そんな時は楽しくお子さんと遊びながら家庭療育をしてみませんか?

公的支援の療育でも支援方法は様々で運動療育から手先をよく使うような療育を主にされているところまで沢山あります。

親が見れるようになっているところや、親同士の会話がある療育先もあれば、預けてしまって時間になれば迎えに行くシステムの所まで形態も様々です。

 

どこが1番いいとか、どれが1番いいのか、悪いのかと言う事はなく、それぞれお子さんとお母さんに合うところであれば問題ないと思います。

 

ただ、療育が開始されるまで待たされてしまう事実あります。

そんな時に家庭療育を試してみてほしいのです。

スポンサーリンク

クマさんとかぞえよう

このゲームは海外のボードゲームなのですが絵柄も可愛く、拾わなければいけない情報も少ないので小さいお子さんから取り掛かれるボードゲームです。

画像引用:https://vkids.hatenablog.jp

「クマさんとかぞえよう」は裏返されているカードをめくって、自分のカードに書かれている数(イチゴ)を紐に通していくゲームです。

 

子ども
子ども
え!?それだけ??

 

さくら
さくら
簡単なルールだけど学べるところは沢山あるよ!
スポンサーリンク

数を理解し、数通りに取ると言うこと

カードには「+1」「+4」など数が書かれています。

そしてクマさんが手にイチゴを書かれている数だけ持っていたり、見ていたります。

 

まずはパッとみて数が分からなくても大丈夫。

「いくつ持ってるかなぁ?」を一緒に数えて行けばいいんです。

子ども
子ども
えっと、いーち、にー、さーん

 

さくら
さくら
そうだね!3個だね!よく数えられたね~!!

 

たったこれだけ?と思うかもしれませんが、発語が遅いと言われた子どもにとって自分で考えて口に出して答えるというのは本当にすごいことなんです!

 

そうじゃなくても、数を認識するというのは簡単に出来そうで出来ないことでもあります。

簡単ですが強化に繋がっていきます。

穴に紐を通すという手先の練習

子ども
子ども
3つもらえるけど・・・穴に紐が通らない!!!
さくら
さくら
そういう時はなんて言うんだっけ?
子ども
子ども
えーっと・・・

 

癇癪を起してしまう前に、適切な声掛けをしてあげましょう。

 

大人は簡単な作業でも子供にとっては難しい作業なのです。

最初は出来なくて当たり前なので心配しなくても大丈夫です。

 

子ども
子ども
手伝って下さい。(教えてください)
さくら
さくら
よく言えたね!言ってくれたら分かりやすくて嬉しい!

 

これだけで、まずコミュニケーションの強化になっています。

次に穴に紐を通す練習なのですが、最初は親がやってあげても大丈夫ですよ。

慣れてきたら自分で通してみようか?と促し、通しやすいように補助しながら達成感を覚えてもらいましょう。

スポンサーリンク

順番をまつトレーニング

子ども
子ども
また僕が取りたい!続けて取りたい!!
さくら
さくら
決まりでこれは順番交代だから、お母さんがするまで待ってね~じゃないとゲームができなくなっちゃうよ~

 

やっぱり子どもは楽しくなると自分ばっかりやりたくなるもの。

順番を待てない子も多いので、ここで「待つ」というトレーニングも一緒にします。

 

続けて取ろうとしたら、だめ!と怒るのではなく「あれ?お母さん取ってないな~」など優しく自分で気付けるように促してみましょう。

怒ってしまうと子どもも一緒に癇癪を起してしまったりするので、あくまで優しく。

 

もし、飽きてどこかに行ってしまったら

さくら
さくら
あ~泥棒さんが来て、君のイチゴ取られちゃうかも~無くなっちゃうかも~

 

と冗談まじりに言うと案外すんなり戻ってきたりしますし、最初から全部やりきろうとしなくていいんです。

5分から10分に・・・15分にと伸ばして行けば大丈夫です。

焦らずゆっくりしていきましょう。

スポンサーリンク

あげたり、もらったりするトレーニング

画像引用:https://vkids.hatenablog.jp

カードに「-4」と書かれています。

そして左を向いていますよね?

 

この場合「左の人に自分の持っているイチゴから4つあげる」と言う意味になります。

クマが右を向いていれば右の人に書かれている数字の分を渡します。

 

子ども
子ども
うーあげたくないなぁ
さくら
さくら
でも見て?なんでクマさん笑ってるのかなぁ??いいことあるのかなぁ
子ども
子ども
本当だ!わかんないけどあげてみよう!はい!!
さくら
さくら
4つちゃんと読めたね!ありがとう!嬉しい!

 

ここではコミュニケーションのトレーニングになっていきますし、自分の気持ちのコントロールの練習にもなります。

 

「はい、どうぞ」

「ありがとう!」

 

この繰り返しです。

もちろん子どもが貰うこともあるので、自分が貰った場合はどうすればいいのかという見本にもなっていきます。

 

簡単な事ですが、とっても大切なことですよね。

こういった小さな積み重ねを楽しみながら遊びの中で覚えていくのです。

 

画像引用:https://vkids.hatenablog.jp

勝敗は数えて多い方の勝ちです。

最初は長さで「長い方が勝ち!」でもいいですよ~!!

お子さんのペースに合わせて進めていきましょうね。

 

スポンサーリンク

裏面の見方

画像引用:https://vkids.hatenablog.jp

これは親が分かっていればいいのですが、水たまりがあるのが「マイナス」

水たまりが無いのが「プラス」です。

 

最初、負け続きなのは子どもでも嫌になってしまうので、出来れば負けないように最初は「勝った!」と終わるのがベストだと思います。

 

そのうち「負けた」も経験してもらい、気持ちのコントロールと、ゲームでは負けることもあると言うことを覚えていけるといいですね~!

 

スポンサーリンク

最初は出来なくても焦らない

最初は出来なくても大丈夫です。

むしろ出来なくて当たり前なので、お母さんも「なんで出来ないの!?」と怒らず焦らずでいいんですよ。

 

ゆっくりですが、ちゃんと成長していくので大丈夫です。

 

だんだん「次、お母さんだよ!」と教えてくれたり、「はい、どうぞ!」と自分から進んでくれたりします。

 

慣れてきたら「お母さんのクマさんは何個持ってる?」と聞いてみて、教えてもらうのもいいですよ。

 

家庭療育のいいところは、子どもの成長をお母さんが見れるし、コミュニケーションがとれるところなので焦らずに。

 

さくら
さくら
あくまで楽しく!!

 

 >>販売公式サイトはこちらからどうぞ!<<

 

発達障がいの子どものためのタブレット教材はこちら

>>苦手な所はさかのぼり学習ができる無学年タブレット教材:すらら<<

関連記事



LINEを開設しました

800人登録ありがとうございます!!

こちらにはお知らせなどを送らせて頂きますが

感想やお悩みなどもかいて

頂けると読ませて頂きます!

よろしければ登録お願い致します。

 

友だち追加
ABOUT ME
さくら
発達障がいグレーゾーンの子どもがいる母親です。 どうにかできないかと奮闘した過去があり 現在は楽しみながら家庭療育や考え方の見直しをしています。 独りで辛かった過去から、今の悩んでいるお母さんの力になれればと思い サイトを立ち上げました。
関連記事はこちら
療育

発達障がい児:癇癪やパニックを防ぐ方法

2017年5月4日
子供の発達が遅くて心配になったら|発達障害グレー様子見の子ども実体験ブログ
パニックや癇癪って、いつ起こるか分かりません。 それが保育園などの集団生活の中でなら、なおさら気を使ってしまいますよね。 できることならパニックを防ぎたくないですか …
療育

アドラー心理学は子育てに合うのか?体験してみました!

2017年4月5日
子供の発達が遅くて心配になったら|発達障害グレー様子見の子ども実体験ブログ
怒らない育児って、一時期流行りませんでしたか?? 笑顔で楽しく育児をするお母さんになる(キラ)みたいな。 私も怒らない育児を …