周りから言われる~論について

不登校児を残して働きにいくのはネグレクトなの?

不登校はネグレクト

先日、ツィッターを見ていて目についたツィートです。

 

え・・・不登校でも働かないといけないのにネグレクトって言われるの??

 

しかし、この方はとても素敵な行動をしているのです。

 

 

不登校の子どもの為に居場所を作ってくれています。

素晴らしい活動ですよね。

 

んーでも、ネグレクトはショックでよね。

 

さくら
さくら
さて、ここで私の考えと実情を踏まえまとめていきます

スポンサーリンク

ネグレクト=育児放棄

このネグレクト。

 

親からしたらとてもショックです。

 

だってネグレクトって虐待を想像しませんか??

 

不登校でも払わないといけないものが多く、家計の為に働かなければならない。

それなら「お仕事行ってくるからお留守番出来る~?」となりがちです。

親も後ろ髪を引かれながら仕事に行ったりします。

 

このツィート主の方はあくまで「子供からみて」という主体なのだと思います。

 

子どもから見ると、自分を放置して仕事に行ってしまう親。

これを考えると、それがネグレクトということになりますが子どもが虐待をされているのかといえば・・・どうなのでしょうか。

子どもも1人の時間が必要だったり、放置されたほうがいい時もあるのかもしれませんね。

 

一方で「子どもを残してしごとに行くのがネグレクトという認識がないのがびっくりします」という声もあります。

 

健常と呼ばれるご家庭で「お母さんちょっと買い物行ってくるから留守番よろしく~」と3時間以上家を空けるご家庭もあります。

 

それとこれと何が違うのでしょうか?

 

スポンサーリンク

働かなければいけない実情

子どもが大きくなれば、もちろんかかってくるお金もかかります。

月にいくらあれば、子どもが不登校でも生活できるでしょうか?

 

フリースクールも高いですし、お留守番の時間を地域のファミリーサポートに頼んだとしても、きっとパート代などではプラマイ0に近いでしょう。

 

「すいません、今日はおやすみします」と毎回、職場に連絡するの苦痛ですよね。(そもそも、そうなればクビになりますけれど)

 

「今あなたが悩んでいる班とか学級とか部活は、狭い世界です」「苦しいのに我慢して学校へ行くことはありません」――。転校や、不登校の生徒に配慮した特例校(2021年度開校予定)、図書館など、別の「学びの場」があることも紹介した。

引用:https://www.asahi.com/articles/ASM9D4G2RM9DOHGB00G.html

 

教育長が「苦しいのに我慢して学校へ行くことはありません」と発言をしてくれましたが、では不登校の人と家庭に対しての支援があると言えば、ないのが実情です。

 

保健室登校も養護教諭によっては良しとする人もいれば、「あくまで保健室は治療をする場所である」と考える方も居ます。

 

さて、生活にも子どもを育てるのもお金がかかる。
働かなければいけない。
でも、子どもは不登校で家に居ます。

 

どうすればいいのでしょうか。

安全確保をしてからならネグレクトではないのか

家の中を外から見守れるカメラがあります。

 

子どもの様子をスマホで見守る。「Qwatch」

 

このように、カメラを付けたりお約束をきちんとしたりなど、親子で留守番のルールを決めていくと少し安心ですね!!

 

訪問者が来た時も、どうするのか。
電話やLINEなどでこまめに連絡をとるのもいいかもしれません。

 

安全確保をすればネグレクトではないのか?

 

この当ツィートで言えば「子どもにとって言えばネグレクト」と言う形なので、親がどうしても子どもがネグレクトだと感じればそうなってしまうのでしょう。

 

これは本当に難しい問題だと思いますし、ナイーブな問題だと思います。

 

我が家も働きに行くのが難しい時は内職でコツコツコツコツとか働いていましたが、期日も量もあり、それに育児に家事に・・・。

 

もう最悪でした。

また24時間一緒に親子で居ると言うのも息が詰まります。




もっと日本が変わって行かなければいけない

様々に変わっていく日本。

 

この日本がもっと変わって行かなければいけないと思うツィートでしたし、支援する側の発信はとても気を付けなければいけないと考えさせられました。

その発信1つで、いいことを行っていても賛同されなかったり1つの言葉で更に追いつめられる方がいることも。

 

海外では何歳以下の子どもを1人にすると親が禁固刑になると言う方もいらっしゃいますが、日本では海外のようにベビシッターが普及している訳ではありませんよね。

 

ファミリーサポートに頼んでも京都で言えば1時間で言えば700円(900円)。
パートのお給料ではプラマイいくらになるでしょう。

 

京都市ファミリーサポートHP

 

実際、私は息子が不登校の時に放課後等ディサービスに助けられていました。
「学校に行ってなくても来ていただいても大丈夫ですよ」
この言葉がどれだけ嬉しく心強かったか。

 

また、やはり放課後ディ等サービスは学校に行ってからしか行けないんだろうなぁという私の思い込みなどにも気付かされました。

 

このツィートの方はとても素晴らしい活動をしています。
不登校の子どもの居場所を作り、親の為にも。
でもネグレクトと言われてしまえば育児放棄、虐待と想像してしまうので、親としては「ん?」って引っかかってしまいます。

 

不登校の子どもが居て働きに出れないと言う方にもっと寄り添った支援が広がるように願うばかりです。

 

そして、今回の事で不登校に悩まれるご家族の方がもっと追いつめられないようにと思います。

不登校のお子さんを抱えつつ、悩んでいるのだとしたらお子さんに向き合っているということなのではないかと思います。

ネグレクト。虐待ではないと私は考えます。

 

 

手を上げる子ども
【2018年】子どもの学校への行き渋り、不登校への私なりの対処をまとめます!去年は息子が不登校になり本当に色々と考えました。 どうしたらいいのだろう。 どうしたら行けるようになるのだろう。 そん...

 

発達障がいの子どものためのタブレット教材はこちら

 

>>苦手な所はさかのぼり学習ができる無学年タブレット教材:すらら<<

関連記事



LINEを開設しました

800人登録ありがとうございます!!

こちらにはお知らせなどを送らせて頂きますが

感想やお悩みなどもかいて

頂けると読ませて頂きます!

よろしければ登録お願い致します。

 

友だち追加
ABOUT ME
さくら
発達障がいグレーゾーンの子どもがいる母親です。 どうにかできないかと奮闘した過去があり 現在は楽しみながら家庭療育や考え方の見直しをしています。 独りで辛かった過去から、今の悩んでいるお母さんの力になれればと思い サイトを立ち上げました。
関連記事はこちら
療育

人気の放課後ディ:放課後デイってなにするの?

2017年4月20日
子供の発達が遅くて心配になったら|発達障害グレー様子見の子ども実体験ブログ
我が家の息子は、学童ではなく様子を見た結果 放課後デイにいくことにしましたが、周りからは色々と言われました。 なんで普通なのにいくの??って言われました。 (さ …
ペンキ 周りから言われる~論について

発達障がい、グレーゾーンの子どもが普通学級に通うのは親のエゴ??

2019年7月9日
子供の発達が遅くて心配になったら|発達障害グレー様子見の子ども実体験ブログ
コメントなどでたまに聞く言葉ですが 本当に親のエゴなのでしょうか? これを私なりに考えていきたいと思います。 ( …
発達障害のいろは

低身長負荷試験(成長ホルモン分泌刺激試験)についての注意と体験談

2017年8月26日
子供の発達が遅くて心配になったら|発達障害グレー様子見の子ども実体験ブログ
長年様子見だった低身長ですが 小学校に入学したので やっと検査をしてもらうことになりました。 この検査のことを負荷 …