発達障がいにまつわる考えかた

発達障害の子どもは0か100で考えてしまう?

0か100か。

これは発達障害の子どもがなりやすい考え方といいます。

 

0か100というのは、出来た出来ていない。

50%できていても、出来ていないのと一緒に感じてしまいます。

スポンサーリンク

極端な考え方をしてしまう

息子もそうですが太鼓などの練習のとき、ちょっとずれてしまったりしてしまうと

 

子ども
子ども
出来ないやん!!!!!

 

さくら
さくら
出来てるで??

 

子ども
子ども
違うねん!出来てないの!!!

 

こちらとしては、少しぐらいずれたっていいじゃないって思うのですが、息子はそのような柔軟な考えというのが苦手なのです。

 

子ども
子ども
出来ひん・・・

 

これは少しずれた=失敗ということでゼロなのです。

30とか50とか80とかは、全てゼロになってしまうのです。

 

 

完璧主義というわけではないですが、途中頑張ったからという観点においては、考慮されない場合が多いのです。
完璧に出来て100になるのですが、その完璧もちょっとずれていたりします。

 

 

完璧にリズムを合わせて100ではなく、リズムももちろんですが、かっこよく叩けたから100とか。

 

そこ!!?と思う事も、多々ありますが息子のこだわりでもあるので、否定せずに、そうだねーと受け止めます。

 

受け止めはしますが、けっして無駄なことはないとちゃんと話します。

 

さくら
さくら
無駄じゃないんやで

 

この0か100の考えかたって、100(出来ないから)0(やってもむだ)なってしまう時があるので、ちゃんとサポートしていかないとなと思うのです。

 

小さなステップを大切に

さきほども言いましたが、完璧に出来ないのであれば「やらなくてもいいや」となりがちなので「最初からしない」と思ってしまいがちなのです。

 

本来はそんなことはなくて、100ではなくても行動したことに意味があって、0よりかは進んでいるのです。

 

しかし出来ない失敗という経験を積んで行ってしまうと、さらに行動しなくなっていきます。
これは成功体験より、失敗体験のほうが自分の記憶についてしまうためです。
誰だって失敗するのは怖いし、つらいですものね。

 

 

怖い、不安という気持ちに、とても敏感な発達障がいの子どもにとって、成功体験を積み上げていかないと自己肯定感がなくなり「どうせやってもダメだし」と踏み出しにくくなってしまいます。

 

子どもの出来そうな50の位置を、ゴールにしてあげて、成功体験を積み上げて、どんどん自信をつけていくと成功体験が積み上げやすいです。

 

子ども
子ども
出来た!!!!

 

本当に小さなステップでいいのです。
少しのステップでもいいのです。

 

子どもにとってストレスにならずに、すこし行動すれば、100になるような目標を設定してあげればいいのです。

 

スポンサーリンク

幼稚園などが厳しい場合

うちの息子は、のびのび園で見て頂いていました。
これは園の校風によって変わってきますよね。
習い事や勉強タイプの園が悪いわけではないです。

 

これは子供の特性もあるので、形が決まっていてゴール設定があるほうが、頑張れる子どももいるので本当にタイプによって違ってきます。

 

 

ストレスを感じやすく、自己肯定が低くなりがちであれば「出来てない」と注意されてしまうと「ダメな子だ」となり、どんどん自信がなくなってしまうのです。

そして、その出来事や物事が全て嫌になってしまうと、取り組むこと自体が全て、ストレスになってしまうのです。

 

 

息子はとってもこれに敏感です。

すぐ人と比べるし、出来ないと感じると、手をつけることをしません。

 

 

そこを療育の先生は上手く誘導しながら、褒めつつ、やる気を出させてくれていました。
そして保育園に見に来てもらって、先生にどんな風に接したらいいのかを、保育園の先生に伝えてくれていました。
そのおかげもあり、出来なくてもいいから少しだけやってみよう。と手を付けてくれるようになりました。

 

トイレトレーニングなどで、成功したらシールを張るというのも、息子には合っていなくてシールを貼らないときはとても落ち込んでいました。

 

子ども
子ども
シールもらえなかった

 

そうするとトイレ=嫌なことに変換されてしまうのです。
なので、うちは「おむつ外れない子なんて居ないわ~」と気楽に構えて、子どものタイミングを待っていました。

 

基本的に誘導はしますが、するか、しないかは、子どもに任せるようにしていました。

 

○○=嫌になるぐらいなら、子どものタイミングに合わせて、小さなステップで、成功できることを合わせてあげるほうが、うちの息子に合っていたようです。

 

 

でも、運動会とかの前は少し頑張らないといけないので、基盤が荒れがちになります。
家で甘えたり、泣いたりしたりしましたが、そこは頑張ってるからだね~と受容して、甘えてもいいよ~と、ぎゅーっとしていました。

 

疲れているでしょうし家で頑張らせることもしませんでした。

どこかで頑張っている分、どこかで力を抜かないと大人も子供も、しんどくなりますもんね!

 

お母さんは子どもさんが荒れている時は、とっても疲れてしまいますので、お母さんのケアも忘れずにして下さいね。

 

 

効果のあった集中力の強化サプリメント



関連記事



LINEを開設しました。

100人登録ありがとうございます!!

こちらには

お知らせなどを送らせて頂きますが

感想やお悩みなどもかいて

頂けると読ませて頂きます!

全部に返信は出来ない事もありますが

出来るかぎり

返信していきたいと思っています!

よろしければ

登録お願い致します。

 

友だち追加

 

人気ブログランキングに参加しています。

良かったらクリックおねがいします。

人気ブログランキング

ABOUT ME
さくら
発達障がいグレーゾーンの子どもがいる母親です。 どうにかできないかと奮闘した過去があり 現在は楽しみながら家庭療育や考え方の見直しをしています。 独りで辛かった過去から、今の悩んでいるお母さんの力になれればと思い サイトを立ち上げました。
関連記事はこちら
発達障がいにまつわる考えかた

児童相談所って怖いところ?

2017年4月14日
子供の発達が遅くて心配になったら|発達障害グレー様子見の子ども実体験ブログ
児童相談所いわゆる「児相」です。 ここには、やはり虐待とか、ネグレクトとかイメージがあると思います。 やっぱり怖いところでしょうか?? (さらに&hel …
発達障がいにまつわる考えかた

発達障がいグレーの子ども:放課後等デイサービスに行くべき?それとも学童?

2019年3月18日
子供の発達が遅くて心配になったら|発達障害グレー様子見の子ども実体験ブログ
保育園から小学生に進学するにあたって学童と放課後ディか迷っていました。 どちらも通わせた私が思ったことをまとめていきますね!  …