就学に向けて

発達障がいグレーゾーンの場合

とても悩むのが進路についてですよね。

その際に手助けになるのが

就学支援シートです。

 

私が存在を知ったのは

療育先で知りました。

 

 

この支援シートは

就学先への手助けになると思います。

 

 

でも、迷われるお母さんも

多いのではないでしょうか?

 

 

記入するのは保護者と園や医療機関

スポンサーリンク

 

就学支援シートの目的は

小学校へあらかじめ

伝えたい事を記入しておき

スムーズに支援が行き届きやすいように

する目的があります。

 

 

これは任意ですので

必ず提出しなければいけないものでは

ありません。

 

 

我が家は提出しましたが

発達障がいを伝える伝えないのは

ご家庭の考え方ですので

提出しなくても大丈夫ですよ。

 

 

就学支援シートが欲しいときは

通われている幼稚園・保育園または、

子ども発達センター等に問い合わせして下さい。

 

 

就学支援シートの左半分は

保護者の記入欄になっています。

 

 

残りの右半分は

幼稚園や保育園やお医者さんが

記入していきます。

(1枚のものもあります)

 

 

そのシート内容は

小学校へ伝えたいことを書いていきます。

 

 

就学支援シートを小学校へ

スポンサーリンク

 

小学校の校長先生などに

連絡をして、

面談の予定を立てておきましょう。

 

 

私は夏休みにお約束を

させて頂きました。

 

 

なぜかというと

夏休みは先生方も

時間を取りやすいので

比較的ゆっくりとお話を出来ます。

 

 

平日などは

授業などがあり

先生方もばたばたしている事も

多いので、夏休み期間が

好ましいかもしれませんね。

 

 

就学児検診の前に

話をしておくと

先生方もお子さんの行動を見てくれたりします。

 

 

また子どもと一緒に

面談もしてくれますので

実際の様子も見てくれます。

 

 

学校によっては

校長先生が園に見に来てくれたりしますよ。

 

 

なぜ就学支援シートが必要なのか

スポンサーリンク

 

小学校に進学ということは

子どもにとってもお母さんにとっても

とても大きな出来事です。

 

 

環境も全部変わりますし

「お兄ちゃん・お姉ちゃん」

になるから頑張らないと!という気持ちが

強くなってきます。

 

 

そして、周りからも

小学生だもんね~。と言われたりします。

 

 

環境が変わると

基盤も崩れがちになりますし

最初は頑張っていても

慣れたころに

基盤が崩れてくることもあります。

 

 

もっている特性や傾向を

事前に伝えて

面談しておくことで

先生も子供もお母さんも

少し安心できます。

 

 

また、幼稚園や保育園の先生にも

記入してもらえば

日常の生活や

お友達との関わりの中での

苦手な所を書いてもらえば

小学校の先生も分かりやすいでしょう。

 

 

提出するメリット

スポンサーリンク

 

メリットとしては

何か問題が起こった時に

先に伝えておくことで

対策が打てます。

 

 

息子も目の前のものに

目が奪われてしまうので

席を1番前にしてもらいました。

 

 

そして、特性なども先に伝えているので

お友達との関わりも

見てもらえています。

 

 

まだまだ

支援は追いついてはないと思いますが

学校の枠内で精いっぱい

見て頂いています。

 

 

4月に入学してから

参観日や給食懇談などで

何度か学校に足を運びましたが

学校と家では見る姿が全く違います。

 

 

その分、家では

荒れる時もあります。

 

担任の先生とお話した時も

「頑張ってます」

と言われています。

 

 

でも、特性は家で強く出てきているので

そういった事も事前に

先生に伝えることで

今後、学校で特性が出て来た時も

迅速に対応してもらえるでしょう。

 

 

 

また就学支援シートは

発達障がいと認められていなくても

提出する事ができます。

 

 

デメリットは?

スポンサーリンク

 

よく考えるのは

「変な目で見られるのではないのか」

「情報が漏れてしまうのではないか」

このような事も考えてしまいますよね。

 

 

本当のデメリットは

子どもが支援が入った状態で

生活が送れないのが

デメリットだと思います。

 

 

また、何か問題が起こった時に

後だしで

「実は療育などを通っていて・・・」

と言っても先生方は

後手後手になってしまいます。

 

 

私はこのデメリットは

あまりないと感じています。

 

 

よく注意されてしまって

子どもの自信がどんどんなくなっていくより

基盤が崩れにくい状態に

持って行ってあげるのが良いと思います。

 

 

まとめ

スポンサーリンク

 

就学支援シートを

提出する・しないに関しては

親御さんの考え方が

大きいと思います。

 

 

しかし、

子どもがどうやったら

新生活を楽しく送れるかを

考えてあげるといいかもしれません。

 

 

就学支援シートを出さない方が

子どもの為だと考えるならば

提出しなくてもいいと思いますが

何かあった時の対処も

考えておくといいかもしれませんね。

 

 

関連記事

 


 

 

 

効果のあった集中力の強化サプリメント

 


 

 

LINEを開設しました。

こちらには

お知らせなどを送らせて頂きますが

感想やお悩みなどもかいて

頂けると読ませて頂きます!

全部に返信は出来ない事もありますが

出来るかぎり

返信していきたいと思っています!

よろしければ

登録お願い致します。

 
友だち追加

 

 

人気ブログランキングに参加しています。

良かったらクリックおねがいします。

人気ブログランキング

The following two tabs change content below.

さくら

発達障害グレーゾーン様子見の6歳子供の母親です。 赤ちゃんの頃から難しい子と思っていましたが 3歳検診でまさかの発達障害の疑いが・・・。 このブログは、同じように悩んでいるお母さんと想いや悩み そして私の知っていることを共有したい 少しでも多くのお母さんが笑顔になるように思い作りました。 よろしくお願いします。

スポンサーリンク