周りから言われる~論について

発達障がいグレーゾーンを受け止められない親はダメな親なの?

靴

「発達障害かもしれない」と言われたときに、すんなり受け入れられる人はなかなかいないと思います。

 

さくら
さくら
え??嘘やん??そんなまさか・・・

なんとなくそんな気がしていても、さらっと受け止められる人はなかなかいません。

 

それが、園から言われたとしても、専門医さんから言われたとしても、受け止められないのが当たり前なのではないかと思います。

 

なんとなくほっとした気分はあっても、これからのことや将来を考えると、不安になったりするのが当たり前ではないかと思います。

 

スポンサーリンク

診断されるまえ

悩む

なんとなく他の子と違うかもしれない。
なんとなく大変な子かもしれない。

 

  • でも、これが普通だし。
  • 躾でなんとかなる。
  • 愛情を注げばなんとかなる。

 

そう思いながら育児をしていましたが、どこかで気付いている違和感はぬぐえないのです。その違和感がどれだけ小さくても、いつかは目を出してしまったり。

 

  • でも認めたくないし
  • でも認めたい気もするし。
  • この子は普通だし。
  • この子は難しいだけだし。

 

正直、検査を受ける前はちゃんと直視は出来ていませんでした。
いや、正確にいうと検査をうけてしばらくは、受け止めることは出来ませんでした。

 

なんとなく、そうかもと思っていても信じたくない気持ちが、勝っていたのです。

スポンサーリンク

発達検査を受けてから

子どもにイライラ

発達検査をうけるまでの待つあいだ

 

  • 「なんかの間違い」
  • 「でもやっぱりおかしいのかな」
  • 「普通の子じゃないのかな」
  • 「育て方を間違ったのかな」

 

そんな自問自答を繰り返しました。

 

いざ、検査を受けて「自閉症かもしれません。様子見で」と言われた時に、何かの間違いではないの?と思いました。

 

違う所で検査を受けたいと思って予約をいれても、半年まちは当たりまえで「今」受けることは出来ませんでした。

 

さくら
さくら
ちゃうやん!今受けたいねん!!

 

結局、発達検査を受けた後ですら、しっかりと受け止めきれてなかったのです。

 

どこか間違っているのではないか?
なにかの間違いではないのか?
子どもは普通であって自閉症とか障害ではない。

 

やっぱりか。
私が悪かったわけじゃないのか。
仕方ないのか。

 

そんな不安と安堵の気持ちもありました。

 

これからこの子は普通になれないのかな?
将来どうしていくのかな?
私が先に死んだら、この子はやっていけるのかな?
イジメとかあったりしないかな。
と、将来を心配するようになりました。

 

療育にいくと決まっても、それでも信じられない気持ちがあり、私は半年は行かなかったのですが、どんどんお友達との関わりが難しくなっていく息子を見て「私の気持ちばっかりじゃだめだ」と思って療育に通いました。

 

受け止められないのは当たり前

車がハート運ぶ

普通に妊娠をして、普通に出産をして、普通に育児をして、普通に子供って大きくなっていくと、私も思っていました。

 

さくら
さくら
まさか発達障がいなんて信じられませんでした。

だって、それしか事実がないから。

そのあとの支援についても地域で格差があります。

 

発達支援の地域格差についてここの地域は発達支援が整っている。 ここは手薄で発達支援がない。 これは地域格差と呼ばれる現象で、各地に普通にあることで...

 

そばにいるお母さんが受け止めるって、本当につらいし大変だし、簡単なことではないのです。

大切に思う子供だからこそ、簡単に受け入れられないこともやっぱりあるのです。

だから、そこをお母さんが自分を責めることはないのです。

 

信じられない自分がいることを、まずお母さんが自分で認めることが、大切だと思います。

 

 

信じなきゃいけないお母さんだから。

子どものためにお母さんが支援しなきゃいけない。

 

こんなきれいごとはたくさん聞きます。

 

さくら
さくら
きれいごとはお腹いっぱいやわ

 

確かにお母さんの理解は子どもにとって必要なのです。

子どもの成長にとって、お母さんやお父さんの理解はとっても、とっても大切。

 

でも~しなきゃいけない。という思いから、自分の気持ちを認めないのは、また少し違うと思うのです。

 

 

そう思って当たり前。

大切な子供だし可愛い子供。

 

なんで私だけ、こんな思いをしないといけないの?って怒りを感じても当たり前。

いいなぁ。障がいが無い子って。そんな風に定型と呼ばれる子を見て、羨ましくおもって当たり前。

 

 

だって、普通だと思っていたから。

 

まずはお母さんの気持ちに、気付いてあげてほしいと思います。

さくら
さくら
大丈夫、頑張らなくて大丈夫

 

そして、そこをちゃんと満たして、ケアをしていかないと、子どもと向き合うのも「義務」になりかねません。

 

○○ちゃんのお母さんである前に、お母さんも1人の人間なので、想いとか考えを認めてあげてほしいとそう思います。

それで私が遠回りをしたのです

私は息子の為にと療育にかよいました。

 

療育はお母さんのためでもあると書きましたが、そこに気づくまで1年ほどはかかったはずです。

 

  • 子どもを療育してくれたらいいや。
  • 子どもの為だから。
  • 私の困りごとなんて話しても仕方ないやん。

 

そう思って通うと、療育って何のために通っているのか分からなくなったのです。

療育はすぐに効果が出る事ではないので、信じられなくなることもあるのです。

 

でもふと1ヶ月前、3か月前、半年前の子どもと比べたら、全然変わってきている事に気付けます。

 

ただお母さんの気持ちも、ちゃんと吐き出せる場所がないと、お母さんが潰れちゃうのです。

 

私が実際、無理して療育にかよって「これって意味あるの?」って感じていた時「でも母親だしちゃんとしなきゃ」とか「息子の為だし、通わなきゃって」義務感で通っていて、本当につらかったです。

 

 

グループ療育だったため、他の方の困りごとを聞いても「なんか別に大変じゃなさそう」とか失礼ながら思っていました。

自分の気持ちにちゃんと気付けたときに、初めて他の人に「しんどいんです」って伝えられたのです。

 

これは育児の限界が近いかたもそうだと思います。

自分の大変さや、しんどい気持ちを隠しきれなくて、感じてしまうといった状態です。

 

どんな形であれ、自分の気持ちに気付けないとSOSも出せないのです。

 

知らないうちに、育児ノイローゼになっているかたも義務感や、ちゃんと躾けなきゃとか、固定概念に縛られてしまったりしたり、周りから責められて、自分の気持ちを隠してしまっているかたが多いのです。

 

 

お母さんが泣いたり、弱音を言ってはいけないと誰が決めたのでしょう。

お母さんはいつも明る気丈でないといけないと、誰が決めたのでしょうか?

 

もちろん周りの環境で、言えないというお母さんも多いと思います。

 

言えない環境であるなら、せめて自分で自分を否定したり、ダメなお母さんだと責めることなく、自分をよしよしとしてほしいのです。

 

さくら
さくら
お母さんは十分頑張ってるねんで!

まずはお母さんのケアをしてほしいと、ずっと思っています。

 

義務ではなく、子どもとお母さんの育児を楽しんでほしいと思うのです。

 

子どもの発達障がいを、まず最初からすんなりと受け止められる人って、なかなかいません。
苦しんで折り合いをつけている、お母さんが多いと思います。

 

 

つらいって思っても、大変だと思っても、なんで!?って思っても当たり前。

だから1人で抱えないようにしてほしいです。

 

 

お母さんも人間。

ロボットじゃないので感情があるのです。

 

 

大丈夫。

まずは自分で自分を認めてあげて下さいね。

 

 

発達障がいの子どものためのタブレット教材はこちら

 

>>さかのぼり学習ができる無学年教材:すらら<<

 

関連記事



 

LINEを開設しました。

こちらには

ブログの更新を通知いたしますが

感想やお悩みなどもかいて

頂けると読ませて頂きます!

全部に返信は出来ない事もありますが

出来るかぎり

返信していきたいと思っています!

よろしければ

登録お願い致します。

 

友だち追加

 

 

 

人気ブログランキングに参加しています。

良かったらクリックおねがいします。

人気ブログランキング

ABOUT ME
さくら
発達障がいグレーゾーンの子どもがいる母親です。 どうにかできないかと奮闘した過去があり 現在は楽しみながら家庭療育や考え方の見直しをしています。 独りで辛かった過去から、今の悩んでいるお母さんの力になれればと思い サイトを立ち上げました。
関連記事はこちら
発達障がいにまつわる考えかた

発達障がいグレーの子ども:放課後等デイサービスに行くべき?それとも学童?

2019年3月18日
子供の発達が遅くて心配になったら|発達障害グレー様子見の子ども実体験ブログ
保育園から小学生に進学するにあたって学童と放課後ディか迷っていました。 どちらも通わせた私が思ったことをまとめていきますね!  …
療育手帳について

療育手帳bの更新が出来なかった!:支援はどうなるのか

2019年3月6日
子供の発達が遅くて心配になったら|発達障害グレー様子見の子ども実体験ブログ
嬉しいような・・・複雑な事ですが息子が療育手帳の範囲から外れました。 有効期限が療育手帳にはあり、更新のために発達テストを受けたのです …
お知らせ

特別支援教育コーディネーターについて

2017年5月6日
子供の発達が遅くて心配になったら|発達障害グレー様子見の子ども実体験ブログ
特別新教育コーディネーター制度があるのですがご存知でしょうか? まだまだ浸透はしていませんが私が思ったのは「誰がなるのか」がとても重要なところだと思います。 まず、 …