息子が小学校で起こしてきたことから

「他害」を考えるようになりました。

息子はお友達と遊びから

喧嘩になって

初めて手を出してしまった出来事がありました。

 

 

小学校の先生から

連絡を頂いたときは

本当にびっくりしました。

 

 

今までなかったのになんで??

と一気に胃が痛くなりました。

 

 

幸い、怪我は軽かったのですが

昔と違って連絡網もなくて

謝罪しに行きたくても

連絡先が分からず

どうしたらいいのか分からなかったのです。

 

 

結論、謝罪のお手紙を子ども経由で

お友達の親御さんに渡してもらうことにしました。

 

 

先生にも伝えて

お手紙を渡してもいいと

了承を頂きました。

 

 

たまたま、近所で会う事が出来て

直接謝罪出来たのですが

その前までは

本当に生きた心地がしなくて

ずっと気持ちが沈んでいました。

 

スポンサーリンク

 

保育園でも療育でも

叩かれたりしたことはありますが

「お互い様だから~」

「すぐ治る傷だから~」

と私は思うタイプだったのですが

相手の親御さんはどう思うかは分かりませんよね。

 

 

今のところ1回ですが

周りの保護者さんにも話が回っていないかと

不安にもなりました。

 

 

他害の理由

スポンサーリンク

 

理由はともあれ

他害というのはいけないことです。

 

しかし、

頭ごなしにダメ!と言うだけでは

なかなか治らないこともあります。

 

 

まずは理由をさぐってあげましょう。

 

 

イライラしたりストレスがたまっている

自分のイライラやストレスがたまっているときは

自分でもキャパオーバーになってしまい

手が出てしまったりしてしまいます。

 

このときはストレスの原因を探ってあげましょう。

 

息子がお友達に手を出してしまったのは

これが原因でした。

 

お友達に笑われたのが嫌で

イライラしてしまったようです。

 

原因は分かったので

そこは寄り添いましたが

それでもダメな物はダメ。

 

手を出すことは

絶対にいけないことだと短く伝えました。

 

 

他人に何か伝えたい時

発達障がいの子供は

言葉が上手く伝えられなかったり

気持ちを上手く言葉に出来なかったりします。

 

クレーン現象といって

他人の手を取って

自分の伝えたい事を伝えようとするときがありますが

その力が強すぎたり

叩いて知らせてしまう場合があります。

 

 

なにを伝えたいのかを理解した上で

力加減を教えたり

「軽くトントンでいいよ」

子ども自身の体をポンポンと

軽く叩いて力加減を教えてあげましょう。

 

 

軽くでいいよ

と口で言っただけでは

伝わらない時も多いので

体感で伝えていきましょう。

 

 

他の子を注意したいとき

これは療育であったのですが

息子がお友達が遊んでいたのを分からず

オモチャを手に取ってしまった時がありました。

 

 

そのとき、とっさに言葉が出ずに

髪の毛を引っ張ってしまった子がいました。

 

もちろん、

勝手に取ってしまった息子が悪いのです。

 

 

「これは自分のだからダメ!」

と言いたかったのだと思いますが

自分の気持ちにあった

適切な言葉が出てこなかったのでしょうね。

 

療育の先生は

お友達の手を掴んで

「ダメ」と短く伝え

×と指で合図をしていました。

 

 

そのあと気持ちに寄り添って

「次は×って指で伝えようね」

「次はトントンってしようね」

と伝えていました。

 

そのあとからは

お友達は×を作ることで

自分の気持ちを伝えるようになっていました。

 

他害は無くなっていきました。

 

スポンサーリンク

 

他人の反応が見たい時

バシっと叩いてきたり

こちらが嫌がる言葉を繰り返して言う場合もあります。

 

これは怒ったり困っている反応を見るのが

楽しくて繰り返す場合があります。

 

叩かれても

嫌な言葉を繰り返してきても

無視をして

反応をしないことで

子ども自身が面白くないと分かると

落ち着いてくることがあります。

 

 

感覚遊び的に叩いてしまう

ただただ感覚として楽しくて

叩いてしまうこともあります。

 

この場合は

人だけではなく

壁や机、ガラスなどを

叩いてしまって

割れたり壊れたりしてしまって

怪我をしてしまう場合があります。

 

 

危険なので

叩いても安全な代替え品を渡したり

代替えになるような遊びに

切り替えてあげましょう。

 

 

特定のお友達だけに手を出してしまう

この場合は

・お友達が好き

・お友達が嫌い

この2つだと思います。

 

 

好きな場合で叩いてしまうときは

「強く叩くと嫌がられてしまうことがあるよ」

と伝えてあげて

コミュニケーションの方法を

知らせてあげましょう。

 

 

嫌いな場合

一緒の空間に居なくていいように配慮をするか

大人が補助にはいってあげましょう。

 

 

他害は子どもも親もつらい

スポンサーリンク

 

もちろん他害を受ける

周りの子供さん、

親御さんにも

ご迷惑がかかっているのは

当たり前の事です。

 

 

しかし、謝り倒したり

気を使ってヒヤヒヤしたり

専門家にもアドバイスをもらって

その通りにしても

上手くいかなかったりしたりと

お母さんもつらいですよね。

 

 

「親が叩いてるから子供も叩くようになるんだ」

「叩いて分からせてないから甘いんだ」

「痛みをしれば叩かない」

「躾がなってない」

「親の姿をマネしてる」

「判断が出来ない子」

と言われることもあります。

 

 

これは定型さんの親御さんだけではなく

発達障がいのお子さんが居る

親御さんでも思ってしまう事でもあります。

 

 

発達障がいの知識があっても

自分の子供がしないと

理解が出来ない事なのかもしれません。

 

 

私も今まで息子が手を出したことがなかったので

本当の意味で

「他害」を考えたことってなかったかもしれません。

 

 

少し叩かれても

「なんか言いたかったのかなぁ」

と思っていたので。

(すぐ治る怪我だったこともありますが)

 

 

そして、お互いの気持ちを

分かり合うのは

いい機会だと考えていたので

息子の気持ちも汲み取りつつ

その場にあった声掛けをしていました。

 

 

小学校では

「他害があるなら普通級に来ないでほしい」

と言われる事もあります。

 

そう言われても仕方ないのかもしれません。

当たり前なのかもしれません。

 

 

しかし手をだしてしまったりしてしまう

子供自身もつらいのです。

 

 

言いたいのに

伝えたいのに

怖いからなのに

不安だから

仲良くしたいのに

 

色々な気持ちがあって

他害という形になる場合があります。

 

 

でも、誤解されてしまって

嫌われてしまうことも少なくありません。

 

 

 

叱ってしなくなるわけではない

スポンサーリンク

 

他害は良いことではありません。

それは痛いほどわかっていることだと思います。

 

 

「発達障がいだから仕方ない」

と思っているかたは

少なからず、このブログを見ていないと思います。

 

 

だからこそ子供を

叱りたくなりますが

先に伝えたように

「他害をする理由」

が子供にはあります。

 

 

環境を整えてあげたり

理由を探って何が原因なのかを

考えていく事が大切だと思います。

その上で

しっかりとダメなことはダメと

短い言葉でしっかりと伝えていくのがいいでしょう。

 

 

環境的に刺激が多すぎて

パニックになっている場合もあります。

そのときは環境を整えてあげることが

必要ですし、

必要な支援も変わってきます。

 

 

自分自身が

コントロールしずらかったり

気持ちを伝えにくいのであれば

トレーニングや、

この場合はどうしたらいいのかと

根気強く伝えていくしかありません。

 

 

パニックを防ぐ方法でもお伝えしましたが

何か決まった理由があるなら

先回りして

その状況を作らないことも出来ます。

 

 

そして小さいうちや

お家で苦手なことを

少しずつ繰り返して

体験させていくことも可能です。

 

 

息子は「負ける」のが

大嫌いで

負けるとすぐに泣いて

癇癪を起していました。

 

 

お母さんが遊ぶ時って

わざと負けてあげる場合があると思います。

 

 

以前は私もそうでした。

 

「強いね~お母さん負けちゃったぁ!」

と勝負事には

息子を勝たせるようにしていましたが

それでは負ける体験が積めません。

 

 

なので、じゃんけんでも何でも

「負けることはある」と体験を積んでもらいました。

 

 

もちろん息子にとっては

嫌な経験だったでしょうし

「お母さんは負けるもの!」という

決まりが破られたことになるので

癇癪もすごかったです。

 

 

しかし、そこを

気長に気持ちに寄り添って

「負けることもあるんだよ。でも次があるからね」

と伝えることを続けた結果

今では負けても

「もう1回!」と言うようになっています。

 

 

 

他害というのは

周りにも迷惑をかけますし

とてもストレスがかかることです。

 

 

周りのお母さんの目も気になりますよね。

 

 

でも子供も何か不安や恐怖など色々な思いが、

引き金になる要因を抱えて苦しんでいるのだと思います。

 

 

その不安な気持ちを分かってあげる事が大切で、

その上で不安を取り除いたり、

立ち向かう支援をしていくことが必要ですが

お母さんのストレスも溜めすぎないようにして下さい。

 

 

そして相談できる場所を作っておいて

困った事があれば

話を聞いてもらえるようにしていてほしいと思います。

 

 

 

関連記事


 

 

効果のあった集中力の強化サプリメント


 

 

 

LINEを開設しました。

100人登録ありがとうございます!!

こちらには

お知らせなどを送らせて頂きますが

感想やお悩みなどもかいて

頂けると読ませて頂きます!

全部に返信は出来ない事もありますが

出来るかぎり

返信していきたいと思っています!

よろしければ

登録お願い致します。

 

友だち追加

 

 

人気ブログランキングに参加しています。

良かったらクリックおねがいします。

人気ブログランキング

The following two tabs change content below.

さくら

発達障害グレーゾーン様子見の6歳子供の母親です。 赤ちゃんの頃から難しい子と思っていましたが 3歳検診でまさかの発達障害の疑いが・・・。 このブログは、同じように悩んでいるお母さんと想いや悩み そして私の知っていることを共有したい 少しでも多くのお母さんが笑顔になるように思い作りました。 よろしくお願いします。

スポンサーリンク