療育先で聞いたことのあった

9歳の壁、10歳の壁、小4の壁について

考えていきたいと思います。

 

ちょうど相談日だったので

その話も精神科医さんに

聞いてみました。

 

 

9歳の壁と10歳の壁の違い

スポンサーリンク

 

9歳の壁は学習面や言語面の発達において、

どうしても越えられない壁が9歳頃にやってくるという意味です。

 

 

10歳の壁とは

自己と他者を比べ、自らの存在意義を求め、思考する時期。

いわゆる思春期というものです。

 

 

ということは

定型と呼ばれる子供たちより

1回多くなるということですよね。

 

 

もともと9歳の壁とは

障害児教育の場で生まれた言葉で、

定型の子どもの「10歳の壁」

実は別物なのですね。

 

 

ですので9歳の壁と

10歳の壁は別物であるが

同時にこなしていかないといけない

可能性があるということです。

 

 

なお9歳の壁の言葉の命名は、

東京教育大学付属聾学校長によるものです。

 

 

9歳の壁ってなに?

スポンサーリンク

 

学習面や言語面、運動面の発達において

ぶつかる壁の事を指します。

 

最近では、発達障がいのない子どもでも

9歳~10歳ごろに、

躓くことも多くなってきているといいます。

 

 

この時期は、身体面だけではなく

心も大きく成長するので

どこかでつまづいたときに

劣等感を抱いてしまう場合があります。

 

 

劣等感こそが

壁をつくるきっかけになるのです。

 

 

「どう頑張ってもできない」

「なんかみんなと違うかも」

「みんなは出来るのに自分はできない」

 

心に秘めた劣等感は

とてもつらいものです。

 

 

9歳~10歳の間は

子どもたちはどんな環境や心の変化があるのでしょうか?

 

 

子供同士の結束が高まる年代でもある

スポンサーリンク

 

小学校3年生から高学年までの年代を

「ギャングエイジ」と呼ぶようです。

 

 

この年代になると

親と過ごすより

お友達同士で過ごす時間を

優先していくようになります。

 

そして閉鎖的な仲間グループをつくり

そこの中でのルールや決まり事で

遊んだりすることが多くなっていきます。

 

 

この閉鎖的な独自なルール

ついていくのも難しいときがありますよね。

 

 

私が小さい頃の記憶も

この年代から

女子のグループがさらに

出来たと覚えています。

 

 

そして、大人が関与できないように

グループで固まってしまうので

その中で起きたことに関しては

とても精神的に疲れるものでした。

 

 

周りのお友達との違いを認識するようになる

「○○君は頭がいい」

「○○君は走りが早い」

「○○ちゃんはお友達がたくさんいる」

などなど。

 

自分とお友達を比較して

どっちが上手いか下手かなど

自分との違いを認識するようになると

優越感や劣等感が育っていきます。

 

 

今までは自分が中心の世界だったのが

周囲の状況をよく見えるようになります。

そこから周りから

自分がどう見えているかといった

評価を気にするようになります。

 

 

コミュニケーションをとって

お友達と関わろうとしたりしますが

上手く取れなくて

苦しむことも多くなり、

また大人が関与できないグループ内であれば

なおさら手助けは入りにくくなります。

 

 

9歳の壁にぶつかると、どうなるのか?

スポンサーリンク

 

上記のような環境の変化から

子どもを取りまく全てが

変わっていきます。

 

9歳~10歳にもなれば

習い事などにも

親の付き添いが無くなったりします。

 

 

まさに子供たちの世界が始まって行きます。

その中で壁にぶつかると

どうなっていくのでしょうか。

 

勉強についていけなくなる

低学年の頃は、

頑張って勉強についていけていた子供も

小学生3年~4年生になると

勉強についていけなくなることがあります。

 

低学年の頃は

目に見えて単純に理解できるようなことや

暗記すれば簡単に答えられることが

ほとんどです。

 

しかし、高学年に差し掛かると

分数や文章問題が多くなり

答えを出すには

抽象的思考や論理的思考、

応用力が必要になってきます。

 

どこが分からないの?と言われても

分からない所が分からないので

勉強のモチベーションが下がってしまい

さらに勉強をしないという

悪循環に陥ることになる場合があります。

 

 

・・・と言っても

私もこの頃から

数学が大嫌いで

「なぜこの公式を使うとこの場所の数値が出るのか?」

といったような

覚えなくても理解しなくてもいいようなことが

気になってしまって

公式を覚えたらいいよ。が

通用しなかった子どもでした。

 

 

公式を覚える前に

なぜここなのかと言ったような

授業では教えてもらえない所が

気になって気になって

納得しないと覚えないといった

手がかかる子どもでした。

 

 

周りに対して劣等感を抱きやすくなる

スポンサーリンク

 

他のお友達と自分の違いを比べる場面が

どんどん出てきます。

 

自分は自分で在って

他人は他人といったことに

気付きだします。

 

そして、得意な事

不得意な事も

みんな違うんだということも

分かってきます。

 

 

そこで他人と自分を比べて

自分の出来ない事が増えてくると

劣等感から自己否定に繋がり

自分に対して自信がなくなって

物事に取り掛かる意欲が低下してしまったりします。

 

 

息子は元々、

自信があるように見えて

比較しては落ち込むタイプです。

 

 

精神科の先生にも

この9歳までに

もっともっと自信を付けてあげるか

これだけは負けないと言ったものを

作ってあげるといいかもしれないと

アドバイスを頂きました。

 

もしくは、

勝ったり負けたりを繰り返して

経験として積み重ねていくと

いいかもしれないと教えてくれました。

 

 

社会性、共感性が育たなくなる場合もある

この年齢になると

どんどん外に出ていこうとする子どもですが

自分だけの世界や

家の世界以上に

ストレスが増えます。

 

そのストレスの負担が大きすぎると

「外にいるより自分だけの世界の方が楽だ」

となってしまい

引きこもってしまう恐れもあります。

 

 

こうなると

他の人と上手く付き合っていこうとする

社会性や共感性が育たなくなってしまう場合もあります。

 

 

9歳の壁を乗り越えるためにはどうしたらいいのか

スポンサーリンク

 

親の関わりというのは

今後の子供の成長にも関わってきます。

 

それならば出来るだけ

上手にお母さんも付き合っていきたいですよね。

 

 

勉強の楽しさを経験させる

勉強に躓かないように

親が先走って答えを教えてしまうことがあります。

 

大切なのは

答えなのではなく

問題を解く道のりです。

 

発達障害の子供は

高度なことは出来ているのに

初歩的なことが分からないなど

勉強面でも凸凹が目立ちます。

 

 

息子で言えば

「直角」が分かりませんでした。

何がわからないのかが

私には分からなかったのです。

 

 

三角定規を90°のところが直角で

それで色々と図らせてみても

台形を見せると直角と言います。

まっすぐな線がくっついてるんだよ。と言っても

何で?なんで??の繰り返し。

 

 

これどこが分からないのかと思ったら

「直線」が分からなかったみたいです。

 

分度器で0~180°を繋いだら直線

直角は90°なんだよと見せたら

納得して、理解をしてくれました。

 

このように

「何が分からないのか」

をちゃんと解決していってあげないと

いつか絶対に躓くのです。

 

 

なので答えを教えるのではなく

一緒に考えて

子どもの力で答えを導き出せれば

達成感にも繋がります。

 

 

その達成感を親子で共有すれば

もっと楽しくなりますね。

 

 

遊びの中で自主性や自発性を養う

これはこう遊ぶべき!

これはこうあそぶもの!

大人でもそのような考えが浮かびますが

我慢して子どもの自由に遊ばせてみましょう。

 

 

しかし、これは大人がどうこうでもなく

子ども同士の世界の中でも

常識というものが付きまといます。

 

息子が色塗りで

クマを可愛くしたくて

ピンクに塗った時です。

 

その時にお友達から

「クマは茶色でピンクは気持ち悪い」

と言われて泣いてしまった事があります。

 

 

こうやって、

この子の発想力や自由な想像力が

どんどん常識という所に

当てはめられていくのだなぁと感じました。

 

 

「好きな色に塗ったらいいんだよ」

と言いましたが

言われる事がストレスになるならば

常識的な色塗りをすることになるでしょう。

 

 

しかし、その違いや

発想を認め合える関係であればいいなと

感じることも多々あります。

 

 

親離れを促す

スポンサーリンク

 

上でも書いたように

この時期からは

親よりも友達との遊びを優先するようになります。

 

友達も変わって

今までと違うタイプの子と遊ぶようになったり

反抗しなかった子が

反抗するようになったりすることも少なくありません。

 

 

親としては

子どもの変化や反抗に驚いてしまって

抑えつけてしまいがちですが

そうすると子供が親離れできなくなってしまいます。

 

 

子どもの問題に

手を出して間に入ってあげたいと

思ってしまいますが

出来るだけ子どもの力を信じて

子ども離れ出来る親になっていきましょう。

 

 

自分の力で解決してもらう

問題が出て来た時に

親が間に入って

全てを解決するのではなく

まずは本人に考えさせたり

工夫させたりするといいでしょう。

 

また次はどうしようかという

打開策も一緒に考えると良いかもしれません。

 

 

「先に謝るべき」

「それは上手くいかないよね」

などと口出ししてしまいそうになりますが

それはぐっと我慢。

 

 

勉強でもそうですが

親が何もかも手伝って成長する機会を奪ってしまうと

成長も出来ずに自主性も育ちにくくなります。

 

 

答えを出すより

自分で考えること

どう解決するかが大切であると

教えていきましょう。

 

 

「どうしたい?」

「どうおもう??」

と子供の気持ちを優先で

子ども自身が解決できるように

促してあげるといいですね。

 

 

しかし、どうしても分からない事もありますので

その場合はこちらが

ヒントなり、最初の考え方などを

伝えて一緒に考えていくといいかもしれません。

 

あなたの判断を尊重するよ。

という気持ちを子供に見せていきましょう。

 

 

温かい目で見守る

どうしても子供には

失敗しないように傷つかないようにと

考えて動いてしまいますよね。

 

私もそうです。

 

しかし、失敗をしらないで

育つともっと大きくなってから

挫折してしまうと

立ち直りにくかったり

逃げてしまう子供になってしまうかもしれません。

 

失敗も大切な経験として

子どもに捉えてもらうように

失敗を乗り越えていける力に変えられるように

子どもの1番の味方になって

応援していってあげてください。

 

 

大切にしていくのはこちらの心構え

スポンサーリンク

 

発達障害をもつ子供は

凸凹している場所が違います。

 

得意、不得意な所も

全く違います。

 

支援が必要な所も違います。

 

 

この9歳の壁というのは

自分と他の人は違うんだと自覚する時期でもありますが

悩む時期でもあります。

 

 

 

どんなに頑張っても

どうしても埋められないところがあるのであれば

自己肯定感を上げても

それではどうしても無理な時も

出てくるのではないかと思います。

 

 

その場合は

休ませたり、

励ましたりと

子どもの気持ちに寄り添って

出来るだけストレスのないように

してあげたいですね。

 

 

そして、9歳、10歳の

子どもを取り巻く環境が変わること

お友達の動きも変わることを

頭におい心構えとして

こちらが余裕を持って見守ることが

大切かもしれません。

 

 

 

「告知について」

またお話していきますね。

 

 

関連記事


 

効果のあった集中力の強化サプリメント

 


 

LINEを開設しました。

こちらには

お知らせなどを送らせて頂きますが

感想やお悩みなどもかいて

頂けると読ませて頂きます!

全部に返信は出来ない事もありますが

出来るかぎり

返信していきたいと思っています!

よろしければ

登録お願い致します。
友だち追加

 

 

人気ブログランキングに参加しています。

良かったらクリックおねがいします。

人気ブログランキング

The following two tabs change content below.

さくら

発達障害グレーゾーン様子見の6歳子供の母親です。 赤ちゃんの頃から難しい子と思っていましたが 3歳検診でまさかの発達障害の疑いが・・・。 このブログは、同じように悩んでいるお母さんと想いや悩み そして私の知っていることを共有したい 少しでも多くのお母さんが笑顔になるように思い作りました。 よろしくお願いします。

スポンサーリンク