児童相談所の

問題ってみなさんご存知でしょうか?

個人で調べる前に、

ちょっとこの記事を最後まで

読んで頂ければと思います。

 

実際、私は調べて

怖くて、児童相談所にいけなくなる時がありました。

虐待をしているわけではない。

でも怖い。

この矛盾です。

 

 

私が

このブログで心掛けている事は

「色々な面から考えたこと」です。

 

 

発達障害の子どもがいる母親ではありますが

どっちがどっちというわけでも

その子によって

合う合わないところがあって当たりまえですし

こっちもあるよ。

あっちもあるよ。と

自分が分かる範囲で書いています。

 

 

その中で、あくまで息子に合った方法については

経験として書いています。

 

 

この児童相談所の問題は

私が統一機関をつくるとかいう以前に、

改善しなければいけない

問題だと思いますし

根底の部分ではないかと思っています。

 

 

そして

「関係ないわ」と思っている方にこそ

この内容は知っていてほしいのです。

 

なぜなら

「根底の部分」だからです。

 

 

 

「児童相談所って怖いところ?」で

お伝えしたように

療育を受けたり

療育手帳の発行には

児童相談所に関わったり

福祉児童相談所に関わる事になります。

(関連記事→児童相談所って怖いところ?

 

 

まず、早期療育の問題にも繋がりますが

この体制というのを見直した方が

いいのではないのか?と私は思います、

(関連記事→早期発見、早期療育の違和感について

 

 

 

 

児童相談所ってなのが問題なの?

スポンサーリンク

 

まず児童相談所には

大きく分けて3つの機能があります。

 

相談

これは育児に関してや

発達や非行、虐待の通報や

子どもの環境についての相談を

行う機関としての役割です。

 

私ももちろん

こちらでお世話になり

今に至っています。

 

京都に関して言えば

児童相談所を通して

公的療育に繋がり

定期的な相談もすることができます。

 

 

また療育手帳の

申請などにも

関わってきます。

 

 

一時保護

これは一時的に保護が必要と

認められた子供に対して

行われる処置です。

 

一時保護をされた子どもは

「一時保護所」というところに

施設で生活することになります。

 

虐待や、非行などが対象となります。

 

 

措置

児童福祉司や児童委員会などに

子どもや家庭を指導させる機能。

 

この指導を受けても

改善ががみられない場合は

児童養護施設

児童自立支援施設や

医療機関に入所になることもあります。

 

また里親委託の手続きを行うのも

機能の1つになります。

 

 

大切な相談が忘れられている

大まかな3つの部分で

相談機関というものがありますが

怖くて行けないと言う人が多いのでは

ないでしょうか?

 

なぜ怖く感じるのか?

なぜ行きにくいのか?

 

「虐待を疑われるんじゃないか」

だから関わりたくないと

育児に悩みながらも

相談できないお母さんが多いのでは

ないかとそう感じます。

 

 

私が思う問題点

 

スポンサーリンク

 

一時保護について。

 

これは虐待の有無が無くても

児童相談所長が保護したほうがいい!

と決めれば

保護ができてしまうことだと思います。

 

第三十三条  児童相談所長は、必要があると認めるときは、第二十六条第一項の措置を採るに至るまで、児童の安全を迅速に確保し適切な保護を図るため、又は児童の心身の状況、その置かれている環境その他の状況を把握するため、児童の一時保護を行い、又は適当な者に委託して、当該一時保護を行わせることができる。

引用:児童福祉法(http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S22/S22HO164.html)

 

 

当然、本当に虐待を受け

保護しないと亡くなる可能性があったり

保護が早急に必要な子供であれば

何も問題ありません。

 

また、通報などがあり

保護せずに、

その子供が亡くなったとすれば

責任は児童相談所に向かいます。

 

 

ですので、責任問題どうこうではなく

子どもの命を救うと言う意味では

保護をした方が良いでしょう。

 

 

しかし、保護したあとに

虐待の有無はないと

専門家が調査してくれると

思いませんか?

 

それがまず違うようです。

H28年度に少し改正が入りましたが

児童相談所所長は

専門家ではない場合が多いのです。

 

 

一時保護の後の問題

基本的留意事項
職権による一時保護をするに当たって、まず留意すべきは、それが非常に強力な行政権限であるという認識を踏まえて適切に運用しなければならない、ということである。
児童福祉法においては、従来一時保護の期間は定められていなかったが、児童虐待防止法において、児童福祉法に基づく一時保護の期間を原則として2月に限ることとされた。もっとも、施設入所のように児童福祉法第27条第4項のような保護者の同意を要する旨の規定はなく(すなわち職権で実施できる)、(児童福祉法第27条の3の規定からして、子どもの行動の自由を制限できると解されるので)子どもの意思にも反して実施できる。関係者の意思に反して行う強制的な制度は、通常は裁判所の判断を必要とするが、児童福祉法の一時保護については裁判所の事前事後の許可も不要である。このような強力な行政権限を認めた制度は、諸外国の虐待に関する制度としても珍しく、日本にも類似の制度は見当たらない。

引用:厚生労働省の「子ども虐待対応の手引き 第5章 一時保護 5.職権による一時保護の留意点は何か

(http://www.mhlw.go.jp/bunya/kodomo/dv12/05.html)

 

ここでの問題点としては

「裁判所の事前事後の許可も不要」

いうところではないでしょうか。

 

日本以外の国というのは

通報があり保護などを行った後

そのほか第三者の機関(裁判所など)が

虐待の有無や

保護が妥当であったかを

調査したりします。

 

そして他国では

このときに半数以上が

保護の必要がないと判断されると言います。

 

 

しかし日本の今の現状では

基本的に児童相談所だけで

決定することが出来るのですよね。

 

また虐待があってもなくても

責任というのは

どこも取る必要がないのです。

 

誤認で保護したとしても

どこも責任を取らなくていいのであれば

「虐待かもしれないから、とりあえず保護」

となっても

おかしくないのです。

 

そして、この

責任を取る必要がないというのは

法で決められています。

 

よって、ここでも誤認の保護が

増える要因でもあります。

 

スポンサーリンク

 

一時保護の立ち入りの問題

 警察との関係
具体的な執行の場面でも、保護者の同意が得られそうもないときに児童相談所の責任ある決断として行うのであるから、保護者が抱きかかえているような時に単独でも執行できそうか、警察の協力が必要か等を的確に判断して、協力が必要と判断したら直ちに明確な要請をすべきである。保護者が家の中に閉じ込めているような時に立入調査と連動させて保護することもできるので、具体的な立入方法についても児童相談所の責任で決めるべきである。(なお、建物内部で暴行、傷害などの犯罪が行われていると警察が判断した場合には、警察の犯罪捜査が主になることもあり得る。)

引用:厚生労働省の「子ども虐待対応の手引き 第5章 一時保護 5.職権による一時保護の留意点は何か

(http://www.mhlw.go.jp/bunya/kodomo/dv12/05.html)

 

ここでもわかるように

例えば家の中への

立ち入りにおいても

児童相談所に責任の元で

決めることになっています。

 

 

結果、児童相談所というのは

警察より司法より

力を持っている事になります。

 

よくテレビでは

児童相談所にもっと権力をと言いますが

実際はどこよりも権力があるのです。

 

虐待があった時の対処

実際、虐待している親と言うのは

「虐待している」という

事実をわかっていません。

 

虐待を防止するというのは

「これが虐待である」

きちんと認識させることですが

それが出来ていないのが現状です。

 

 

他の国では裁判所が介入し

親に対して

「改善命令」出すことができるのですが

日本の児童相談所では

親に対して改善命令はだせません。

 

他国では

保護についても

保護解除についても

改善命令についても

裁判所の介入が多いです。

 

児童相談所=虐待という認識が多いため

「児童相談所に子供をつれていかれた」

と言ったとしても

誰も信じないのでしょう。

 

たしかに虐待をしている

親と言うのは

自分の行動が虐待であると

いうことを認識していません。

 

しかし、その虐待という事実を

1機関が独断で

主観で決めてしまえるのが

怖いところでもあります。

 

本当に虐待かどうかは

専門の人も介入し

第三者の介入があって

決めることだと思います。

 

 

私の考える問題点

スポンサーリンク

 

実際、拉致だとか

誘拐とか児童相談所の暴走とか

子どもを保護すれば月に

いくか機関に入るので

予算の確保のために

保護をするなど

色々と言われています。

 

予算を確保するためなので

毎年3月が保護の件数が

多いのだとか。

 

 

虐待の有無がなく

子どもが悪いことと思わずに

親の悪口として

言ってしまったことが

引き金で保護になってしまったという

ケースも見ました。

 

私としては正直

どこから、どこまでが

本当かはわかりません。

 

分からないので

色々と調べて勉強をしました。

たくさんの資料を読みました。

 

 

まず問題点として

考えたこととしては

介入する機関

監査をする機関が

ないというところです。

 

 

監査をする機関がないので

本当に保護されるべき子供なのかが

わからないのですよね。

 

それは主観ではなく

ちゃんとした専門家の介入が必要だと

思います。

 

また、そのあとも

裁判所であったり

第三者機関の介入が

必要であると考えています。

 

 

他国が「日本は人権無視をしている」

言われているのは

こういった

「子供1人の人を親権者の同意なしで保護できる」

というところも言われているのです。

 

子どもは人であり

所有物ではありません。

国の持ち物でもありません。

親の持ち物でもありません。

 

1人の立派な人なわけです。

 

 

親権者、保護者が

虐待を行っているのであれば

改善命令を法的に下せばいいのです。

 

 

しかし、その権力もないのであれば

保護をしてから

どうなるのでしょう。

 

 

また、日本では

里親制度がまだまだ認知されていません。

これは行政の

バックアップもないので

里親になる講習自体が

あまりないのです。

 

 

虐待をされていた子ども達が

安心して暮らしていくには

施設になってきます。

 

ここにも問題があると思うのです。

 

確かに、

里親問題は色々とあります。

 

しかし親に愛されたことのない

気持ちをずっと残るのです。

それを里親さんが

受け渡してくれるのであれば

もっと浸透してもいいと思います。

 

 

根本的に変わらないと変えられない

スポンサーリンク

 

発達障害は

早期に発見が

大切だといわれています。

 

しかし残念ながら

児童相談所は

怖い所という概念が

なくならないのが

現状です。

 

 

早期に発見というのであれば

早い段階で

相談にきてもらったり

児童相談所は

怖い所ではないと

「子供を守る機関」なんだと

いうことが

本当に体制的に整わなければ

誰も行かないのではないでしょうか?

 

 

今の体制で

万が一、子どもが保護されたとすれば

「拉致」といわれても

おかしくない体制なのです。

 

 

そうなりたくないために

児童相談所と関わりたくないため

相談にいけなくて

必要な子供に

必要な支援が届いていないのも

現実にあるでしょう。

 

まだまだ悩んでいるお母さんも

たくさんいるはずです。

 

すぐに変わる

すぐに変えるのは

難しいかもしれませんが

本当の根本の部分が

変わらなければ

その先をいくら改善しても

いつかはねじまがってしまうのです。

 

 

私は早いうちに療育に

通う事は

本当にいいことだと思っています。

今でも発達検査の待ちがあり

療育のまちがあります。

 

 

この児童相談所に

関わりたくないと言う人が

多い中でこれです。

だったら本来は

もっと、もっと

お困りの方が多いのです。

 

 

 

・専門的な機関の介入

・裁判所などの法的な介入

・見通しのいい体制

・一時保護のあとでも法が介入できる

・専門的な人材の配置

・客観で決めつけないように第三者の介入

 

 

このような体制が入って

児童相談所が

単独で動いたとしても

ちゃんと介入する機関がないと

子どものことで

相談に行こう!と

児童相談所の

機能の1つである

大切な相談という項目が

薄れてしまいます。

 

 

私も関係ないや~と思っていましたが

ちゃんと知らないといけない事実として

児童相談所はどこよりも権力があり

とても見通しの悪い

機関であると解りました。

 

 

必要な手助けが

ちゃんと受けれる世の中に

なるためには

こういった体制から

変えていかないと

行けないのです。

 

スポンサーリンク

 

これを読んで

悩んでいたのに

余計に行けなくなったという

保護者の方や

今、相談にかかっているのに

不安になったという

保護者のかたもいらっしゃると

思います。

申し訳ありません。

 

 

児童相談所ってこんなに

良い所だよ!と

知っていることを隠して

綺麗ごとだけ書くのは

簡単ですが

それをしたくはないのです、

 

 

そして、

このことについては

改善しなければ

いけない問題だと思うので

記事にさせて頂きました。

 

 

不安を煽りたくて

この記事を書いたわけではありませんし

私はこれからも

児童相談所と関わっていきます。

 

 

それは息子の為でもあると

信じているからです。

実際に私は

児童相談所に助けてもらいました。

その事実は変わらないのです。

 

 

しかし、今の体制を変えないと

いけないというのも

事実なのです。

 

 

早期に公的療育を受けたり

することは本当に

子どもの力を伸ばしてくれます。

またお母さんの気持ちも

楽にしてくれたりします。

 

 

私が児童相談所に

関わらなければ

療育というものに出会い

助けられることもありませんでした。

 

 

 

児童相談所の体制を変えるのは

難しいかもしれませんが

私なりに出来る事を

探していきたいと思います。

 

それが

本当に保護されるべき

子どもたちの為でもあり

本当に必要な支援を

受けたくても怖くて

受けられない方々にとっても

児童相談所の

本来の3つの機能の

改善に繋がると思います。

 
LINEを開設しました。

こちらには

ブログの更新を通知いたしますが

感想やお悩みなどもかいて

頂けると読ませて頂きます!

全部に返信は出来ない事もありますが

出来るかぎり

返信していきたいと思っています!

よろしければ

登録お願い致します。

 

 

友だち追加

 

 

 

人気ブログランキングに参加しています。
良かったらクリックおねがいします。

人気ブログランキング

The following two tabs change content below.

さくら

発達障害グレーゾーン様子見の6歳子供の母親です。 赤ちゃんの頃から難しい子と思っていましたが 3歳検診でまさかの発達障害の疑いが・・・。 このブログは、同じように悩んでいるお母さんと想いや悩み そして私の知っていることを共有したい 少しでも多くのお母さんが笑顔になるように思い作りました。 よろしくお願いします。

スポンサーリンク