普通学級と支援学級

どちらが子供本人にとっていいのか。

迷うと思います。

お母さんとしては

支援学級に求めることはどんな事でしょうか?

息子が就学に悩んだときの

日記を読み返して

感じたことがあったので

今日はそのことについて

書いていきます。

 

大きな悩みというのは

2つに分かれていました。

 

・普通学級についていけるか

・お友達と上手くやっていけるか

・ストレスを感じてしまわないか

・先生の話を聞いていられるか

・授業に飽きてしまわないか

・お友達の輪に入って行けるか

 

 

また支援級を考えた時に悩んだことは

 

・みんなと違うと落ち込んでしまわないか

・支援級から普通級にいけないのではないか

・勉強がついていけないのではないか

・支援級という名前の偏見はないか

・個別でどこまで見てもらえるか

・少人数での方が息子はストレスはかからない気もする

 

上記のような普通級の時の悩みと

支援級のときの悩みがあったのです。

 

 

保護者が望むこと

スポンサーリンク

 

望む事はお母さん1人1人に

違うと思います。

 

私が他のお母さんと

話していて感じたことがあります。

 

・全部先生に丸投げしたらいいと考えている

・勉強も任せて大丈夫

・支援級に優秀な先生が居ると考えている

・支援級は特別扱いしてもらえると考えている

・支援級は恥だと考えている

 

 

言葉の端々から、

このようなニュアンスが出ていたり

直接聞くこともありました。

 

 

私としては

少しこの考え方は違うと思うのです。

 

小学校からは

支援が少なくなってしまったり

子供の世界は広がり

困りごとが増えていく事が多いです。

 

 

そのときに先生に

全て任せると大丈夫だと考えたり

優秀な先生が絶対に担任につくというのは

危ない考えだとしか思えません。

 

 

「支援学級だから先生が優秀じゃないといけない」

「支援学級だから全部カバーしてくれているはず」

「支援学級に入ったら何をしても障がいだからと許される」

 

こういった考えのかたとお話をしていると

どうなのかなぁ。と疑問に思ってしまいます。

 

 

私が考える支援学級とは

子供のストレスが少なく

個別で子供のメンタルを

支えてくれるところだと考えています。

 

 

たしかに学習面で

分かりやすく教えてくれる先生や

子供にあった支援をうまく入れてくれる先生など

色々といらっしゃると思います。

 

そこに期待をしたりするでしょう。

 

でも1番の気がかりは

「子供の特性を分かってくれるか」

ということを私であれば大切にします。

 

普通学級がしんどいようであれば

支援学級に変更することも

視野にはいれています。

 

特性を分かったうえで

メンタルを整えてくれることを

支援学級に求めることです。

 

その上で

学習は塾や家で

こちらがしていくという考えが私にはあります。

 

家で工夫をしなければいけなくても

ストレスを軽減させてくれるのは

とてもありがたいと感じます。

 

支援学級だから優秀な先生がいるとは限らない

スポンサーリンク

 

この優秀とは

保護者側からの優秀です。

 

子どもにとって

いい先生であっても

保護者からは「あれ?」

と思われている先生もいらっしゃいます。

 

子どもが求めることと

保護者が求めることの違いですね。

 

 

私が子供の時代、普通級でしたが

子どもは大好きな先生でも

保護者からは嫌われている先生がいらっしゃいました。

 

 

怒る時は怒るし

面白くないギャグを言いつつ授業をしたり

1人1人に合った授業速度で接してくれていました。

スパルタではありましたが

子どもの自主性を大切にして

頭ごなしに「しなさい」と言わない先生でした。

 

 

一方、保護者からは

「しなさい」といってくれないと

子どもが宿題をしなくなるから

言ってくれないと困る。

 

怒り方がきつすぎる。

 

うちの子だけ

授業の進みが遅い。

たくさんの意見があったようです。

 

 

自主性という面では

することをしていけば

シールを張ってくれたり

はなまるに蝶々を書いてくれたり

ちょっとしたことですが

楽しみを与えてくれていました。

 

クラスメイトみんな先生が大好きで

先生が移動になる時には

全員で号泣した思い出があります。

 

 

何がいい先生で

誰にとっていい先生なのか。

 

そんなことを考えた出来事でした。

 

 

支援級の先生は

発達障がいの知識に関しては

勉強をされていたりと

配慮はして頂けると思います。

 

 

理解しているけれど

それを行動にうつせるかは

また別の問題だと思います。

 

 

支援学級で

知的障害がない発達障がいの5年生の子供に

幼稚園のドリルを使っていた学校がありました。

 

これは個別というわけではないですよね。

支援学級の子供は

全員、このドリルを使用していたようです。

 

 

個別に配慮しながら

勉強の進みも別にしてくれるというのは

まだ難しいのかなと思います。

 

 

だから、支援学級に進学するのであれば

学習面では家での支援が

必要になってくるのかもしれないと

考えたのです。

 

 

知的障害のない発達障がいの子供の支援や

理解はまだまだ進んでいないと

感じることでもありますね。

 

 

また支援学級自体が

機能していないところもあるので

必ず見学にいかれたほうがいいですね。

 

普通学級と先生について

スポンサーリンク

 

普通学級は

行うことが全て

「できるべき」という概念があります。

 

その中で苦手なところも見てくれている先生や

一律でに子供を接する先生もいらっしゃるでしょう。

 

でも保護者も学校に求める期待値が高く

してくれて当たり前だと思っている場合も

多いのではないでしょうか?

 

 

 

発達障がいというのも

最近広がってきて

やっと教育にも広まってきたと感じます。

 

しかし、通級の教室などの数は

まだまだ少ないと思いますし

専門的な知識というのも

少ないのかもしれません。

 

 

ベテランの先生だから安心。

新任の先生だから不安。

 

そんなことはなくて

逆の事も言えるのですね。

 

ベテランの先生は

昔からの流れを崩さない傾向もあるので

発達障がいを理解できない場合がある。

 

新任の先生は

柔軟な発達障がいについて

理解がある。

 

 

先生に理解があるかどうかは

その先生によって違うのです。

 

 

普通級の場合でも

理解ある先生であれば

宿題の量を調節してくれたり

席順も配慮してくれたりします。

 

 

しかし「特別扱いをしません」といった

スタンスの先生もいらっしゃるのも事実です。

 

先生のやりかたがどうしても納得できない場合

スポンサーリンク

 

息子を見ていても思う事ですが

見守るところ

受け入れるところ

少し無理をしてでもするように促すところの

線引きがとても難しいと感じます。

 

 

発達障がいの特性を全て支援してほしい

というわけでもなく

何かお願いをしたいと思ったときに

スクールカウンセラーさんがいるなら

「ここまでお願いするのは非常識でしょうか?」

といった感じで聞くと

「家で頑張って見てもいいかもしれませんね」

と教えてくれたりします。

 

担任の先生にも

「このようなお願いをしていいのか分かりませんが」

前置きを入れて

あくまでお願いということを伝えておくと

先生も受け入れやすいかもしれません。

 

 

それでも、どう考えても納得できない出来事も

先生との間に起こることもあります。

子どもも苦痛で

こちらがお願いをしても

「できません」と言われてしまうこともあります。

 

 

宿題のプリントを何回も返されてしまったり

先生のやりかたでしないと

×がつけられてしまったり

漢字の止め、ハネ、はらいに

特に細かいなど。

 

小学校低学年の時は

字を綺麗に書くことを練習します。

マスに入るように

バランスがとれるように

綺麗な字になることは後々いいことです。

 

しかし空間認知能力が凹で

バランスがとりにくいなどの問題が出てきたりします。

その場合は家での工夫も必要になってくると思います。

 

 

工夫しても、説明しても

何度先生と話し合っても

どうしても子供にとって

合わないと感じるのであれば

私はスルーでいいと思います。

 

 

ただ、授業でも宿題でも

自己肯定感が低くなってしまうので

家では、たっぷりと褒めて

甘やかすのがいいと思います。

 

 

先生に理解する気がないのであれば

こちらが何度話しても

期待しても

残念ですが無理なときは無理だと思います。

 

 

集団での生活の中では

理不尽なことも経験しますし

それに対して、どうしていけばいいかを

考えたりして

強くなっていくところだとも思っていますが

学校が嫌い

勉強が嫌いとなってしまっては

本末転倒なので

ひどいようであれば先生のいうことを

スルーします。

 

 

スルーの仕方は

ご家庭によって違うと思います。

お子さんとお母さんが

納得できる解決法があると思います。

 

 

出来なくても仕方ない?

スポンサーリンク

 

発達障がいだから

何でも大目に見てほしいという考えは

少し注意してほしいと思います。

 

なぜなら子どもの

出来る力まで奪ってしまう

可能性もあるからです。

だからこそ、親もどこまで支援をいれて

どこから頑張ってもらうかを模索するのだと思います。

 

 

子どもの発達障がいを受容するのは大切ですが

何も出来ない訳ではありません。

ゆっくりですが成長していきます。

子どもの成長にあわせて

どこまで出来て

どこから少し頑張るのかというところを

私もしっかりと見極めていきたいと思います。

 

 

 

効果のあった集中力の強化サプリメント


 

おすすめ記事


 

 

LINEを開設しました。

100人登録ありがとうございます!!

こちらには

お知らせなどを送らせて頂きますが

感想やお悩みなどもかいて

頂けると読ませて頂きます!

全部に返信は出来ない事もありますが

出来るかぎり

返信していきたいと思っています!

よろしければ

登録お願い致します。

 

友だち追加

 

 

人気ブログランキングに参加しています。

良かったらクリックおねがいします。

人気ブログランキング

The following two tabs change content below.

さくら

発達障害グレーゾーン様子見の6歳子供の母親です。 赤ちゃんの頃から難しい子と思っていましたが 3歳検診でまさかの発達障害の疑いが・・・。 このブログは、同じように悩んでいるお母さんと想いや悩み そして私の知っていることを共有したい 少しでも多くのお母さんが笑顔になるように思い作りました。 よろしくお願いします。

スポンサーリンク