発達障害の中の特徴として

大きく4つに分けられるものがあります。

 

さて、どんな4つでしょうか?

・対人関係の問題

・コミュニケーションの問題

・想像力の問題

・限定された物事へのこだわり

 

 

このようにざくっと大まかですが

4つの特徴があります。

 

 

発達障害の子どもはバランスが凸凹

成長している事が多いです。

 

 

勉強のスキル

社会的なスキル

身体的なスキル

 

 

このようなスキルの凸凹を

ソーシャルスキルトレーニング(SST)で

身に付けていきます。

以下SSTと記載していきます。

 

 

SSTと療育の違い

スポンサーリンク

 

療育とSSTの違いですが

療育は自分以外の他の人との

基本的なコミュニケーション能力を

理解するために行われます。

 

また、言葉の遅れや

暗黙のルールなどの

言葉がないコミュニケーションスキルの

力が著しく低い場合は

療育を先にうけたほうがいいとされています。

 

 

ですので、療育は早期にというのは

小さい頃から基盤を作るために

受けた方がいいとされているのですね。

 

 

SST

基本的なコミュニケーションを理解したあと

社会に適応する方法を学ぶ方法です。

 

 

社会の中での

「してはいけないこと」

「したほうがいいこと」などの

暗黙のルールや

決まっているルールを身に付けていくのです。

 

 

ルールを守れなくても

周りを見て判断できたり

注意されて改善できれば

SSTは必要ないとされています。

 

 

集団の中で

周りの行動を見れなくて

判断が苦手であったり

注意されても同じことを繰り返してしまう場合は

SSTが有効であると言われています。

 

 

なぜかというと

目標に対してSSTでは

小さなステップを踏んで

ゆっくりと理解していき

身に付けていくことが出来るからです。

 

 

SSTの実践方法

スポンサーリンク

 

では、SSTには

どのような実践があるのでしょうか。

 

沢山ある中の一例として読んでくださいね。

 

 

・ゲーム

鬼ごっこでも、だるまさんが転んだでも

ルールというものが存在します。

 

また、勝ち負けもついてきますし

氷鬼などでは

仲間を助けるなどといった

多くのソーシャルスキルが盛り込まれています。

 

ルールを守る

勝ち負けの結果を受け止める

仲間と協力したり相談する

 

 

このようなソーシャルスキルを

楽しみながら学ぶことが出来ます。

支援する人は

子どもにとって何が目標なのかを

意識しながらゲームを進めて行く必要があります。

 

 

息子であれば

勝ちたい思いがとっても強く

負けると、とたんに泣いてしまいます。

悔しいのと、勝てない自分に対して

劣等感を抱いてしまうようです。

 

 

このようなときは

「負けても次があるよ」

「負けても楽しかったね」

「頑張ってたのにおしかったね」

「負けても頑張ってたのに変わりはないよ」

気持ちに寄り添います

「次はどうしていこうか?」

といった声掛けをしています。

 

 

お友達を助けるというのは大好きで

相手が捕まっていたら

助けに行くのですが

自分が捕まっている時に

助けに来てくれないと

怒ってしまいます。

 

 

「みんな鬼さんが怖くて来れないのかな?」

「助けにくるタイミングみてるのかも?」

「助けてほしいよね~」

「みんな応援してみようか」

基本的に気持ちに寄り添って

声掛けをするのは変わりません。

「どうやって逃げてるか見てみようか?」

「みんなどこにいるかなぁ?」

などと自分気持ちを認めた後に

周囲を見るということに

目的をすり替えています。

 

 

・ディベート、ディスカッション

討論ともいいますが

相手の話をしっかりと聞かないと

自分の意見もしっかりといえません。

 

言葉のやりとりをするのには

もってこいですが

小さい子どもでは出来ないので

ある程度の年齢になってからのものになります。

 

 

・ロールプレイング

スポンサーリンク

 

人形を使ったり、

支援者と実際に行ったり

お友達としたり

実際に、この場合はどうしたらいいのかと言う事を

考えながら行っていきます。

 

 

息子が最近したロールプレイングでは

小学校の新しい席についたとき

隣の子どもに

どのように声をかければいいのか

なんと話しかけたらいいのか。

ということをロールプレイングしていました。

 

 

息子は年上の子どもには

自分から声をかけられますが

同年代の子どもには

自分から声をかけることが

出来なかったようです。

 

 

恥ずかしいと言う気持ちと

話しかけて断られたらと言う

怖い気持ちがあるようだと

教えて頂きました。

 

 

断られることも

もちろん経験していかなければなりません。

 

 

自分の考えを拒否されるのが

怖い息子にとって

これは大きな課題だと思います。

 

 

じっくりと

今後も取り組んでいきます。

 

 

・共同作業

工作や、調理など

「何かを作って遊ぶ」

「何かを作って一緒に食べる」などといった

楽しいゴールに向かう過程で

ほかの友達と

相談、役割を分担する、助け合い

といった社会生活に必要な

スキルが学べます。

 

 

保育園でも

料理をする時間があって

一緒にみんなで作って

役割分担をしながら

相談して作っていました。

 

 

そのたびに

自分がしたい所が

複数人いた場合は

どうしたらいいのかと相談しながら

楽しんで料理をしていました。

 

 

・ワークシート、絵カード、ソーシャルストーリー

視覚的に分かりやすくして

この場合はどうしたらいいのかな?と

課題になっている行動や言動を

意識して考えていくことで

自分の行動を認知していくことが出来ます。

 

 


場面のカードを見せて

この子は何しているのかな?

どうしたらいいのかな?と

声掛けしながら

一緒に考えていきます。

 

 

息子がとくに躓いていたのは

場面での相手の気持ちの絵カードです。


この絵カードはとても分かりやすくて

家でやっていたところ

保育園の先生が気に入ってくれて

園でも紙芝居の時間に

この絵カードをクラスみんなで考える時間を

作ってくれました。

 

 

保育園の年代は

相手の気持ちを考えてということが

ちゃんと出来る子は少ないので

みんなで考えるといったことが

良かったようです。

 

 

 

SSTを日常生活でも取り入れていく

スポンサーリンク

 

親が子供にしてほしい見本を

自ら行っていく事で

子どもの目について

「こうしればいいのか」と

理解させる方法もあります。

 

 

また、料理を手伝ってもらって

共同作業をおこなったり

工作をしたりしてもいいですね。

 

 

鬼ごっこや、じゃんけんをして

勝ち負けを繰り返していくことも

有効です。

 

 

子どもとお話をしながら

相手がどう思うか

相手が興味をもって話を聞いているかと

いうことを考えることも出来ます。

 

 

SSTといっても

難しく考えることはないのです。

 

SSTのポイント

スポンサーリンク

 

ポイントと言っても

大事なことは2つなのです。

 

とにかく褒める

いつも出来ないことを注意されたり

お友達とぶつかってしまうことも多い子どもにとって

叱られるというのは逆効果になります。

 

少しでも出来たら

どんどん褒めてあげましょう。

 

出来たことをどんどん褒めて

子どもが楽しいと思いながら

取り組めるようにしましょう。

 

 

大げさなぐらいでもいいので

褒めてあげてください。

 

 

私たちは褒めるということに

慣れていないことも多く

恥ずかしい気もしますが

これは慣れです。

 

 

小さなステップ(スモールステップ)を踏んでいく

周りを観察したり

察していくということが

苦手な子供が多いです。

 

 

世間で当たり前という

会話や行動や考えが

苦手な場合もあります。

 

 

家庭にもそれぞれ当たり前があって

子どもにとっても当たり前があります。

 

 

この当たり前を

世間とすりあわせていったり

いきなり変えると言うのは

無理なので

小さいステップを踏んで行ってもらうのです。

 

 

そのたびに褒めて

どこで躓いているのか

どこが難しいのかという所を

見ていけます。

 

 

大切なのはステップを分けること

スポンサーリンク

 

SSTとは、難しいことではなく

1つの目標に対して

通常5個のステップでいいとされる事でも

10個や15個などに

細かく分けて

しっかりと地盤をかためていくことが

大切だと言えます。

 

 

1段飛ばしを出来るときもあると思いますが

着実に1つ1つのことを

しっかりと理解して

行動にうつせるように

事前にトレーニングをするのです。

 

 

どこが苦手なのか

どこで困っているのかを

親が知るためにも

小さなステップを一緒に

進んでいくと良いと思います。

 

 

専門的に受けなくても

日常でもSSTは十分取り入れられます。

 

そして、した方がいいかということについては

出来る範囲でしたほうがいいと

私は思います。

 

 

それは世間の普通を知ってもらうためではなく

お母さんが

子どもの普通を知ったり

苦手な部分を知るためにも

行った方がいいと思います。

 

 

その結果を専門機関に相談も出来ますし

ここが苦手っぽいから

先生に伝えようなどと

対策が打てます。

 

 

私はSSTを日常に取り入れてから

むやみに子供を

怒らなくてもすむようになりました。

 

 

ペアレントトレーニングの

導入の影響もあったと思いますが

褒めるということは

とても大切なことだと思います。

 

 

関連記事

自己肯定感が上がるペアレントトレーニング

 

 

小話

スポンサーリンク

 

上にあった絵カードですが

最初ぱっとみせた時は

「女の子がいる」

「ご飯食べてる」

などといった端的な発想が多かったです。

 

 

こちらが「この子何してるのかなぁ?」と

周りを見るようにうながすと

「あ!ほしそうにしてる!」と

意識が周りにもいくようになり

回数を重ねることによって

周りも徐々にみれるようになりました。

 

 

絵本を読むのも

「ここがどうで、こうで」と

口をはさむぐらいの

お話大好きさんなので

絵カードを見ながら

物語を作ってしまうときもありましたが

まぁそれはいいか~と

笑いながら聞いていたころもあります。

 

 

今では

「聞きます」というと

お口を出したい時も

頑張って聞いてくれるようになりました。

 

 

積み重ねが本当に大切だなーと実感しました!

 

 

効果のあった集中力の強化サプリメント

関連記事



LINEを開設しました。

こちらには

裏話などをきまぐれに送らせて頂きますが

感想やお悩みなどもかいて

頂けると読ませて頂きます!

全部に返信は出来ない事もありますが

出来るかぎり

返信していきたいと思っています!

よろしければ

登録お願い致します。

 

友だち追加

 

 

人気ブログランキングに参加しています。

良かったらクリックおねがいします。

人気ブログランキング

The following two tabs change content below.

さくら

発達障害グレーゾーン様子見の6歳子供の母親です。 赤ちゃんの頃から難しい子と思っていましたが 3歳検診でまさかの発達障害の疑いが・・・。 このブログは、同じように悩んでいるお母さんと想いや悩み そして私の知っていることを共有したい 少しでも多くのお母さんが笑顔になるように思い作りました。 よろしくお願いします。

スポンサーリンク