コメントで質問として頂くことが

ありますが、

とてもナイーブなことなので

記事にするか迷いましたが

この悩みはとても多いことなのです。

療育先や

他のお母さんとの会話でも

出てくることなのですが

「きょうだい」を作るかどうかということです。

 

 

 

綺麗ごとではなく、産んだとして

その子が発達障がいを持っていたら

どうしようと考えるお母さんは多いのではないでしょうか。

 

 

我が家は1人っ子なのですが

正直、兄弟が居た方がいいかなと

思うときと、

これ以上手のかかるのは無理と

思うこともありました。

 

スポンサーリンク

 

結果6歳になった今は

兄弟は考えていません。

 

 

理由としては

次に生まれてくる子も

万が一、障がいを持っていたらということ。

 

今、息子と向き合うのに

精一杯であること。

 

両親の手助けなど、

周りの手助けが無いこと。

 

このような理由があります。

しかし、ご家族それぞれに

理由はまったく違うと思います。

 

 

発達障がいは遺伝なのか

スポンサーリンク

 

息子が発達障がいと知った時

色々な書籍などを読み漁りました。

 

調べた結果、

遺伝であるとは書かれていませんが

「遺伝ではない」とも

書かれていないのですね。

 

 

また、妊娠中の生活が原因だとも

書かれていません。

 

まだ発達障がいというのは

研究途中なのです。

 

 

知り合ったご家族の中では

上のお子さんが

定型さんで、下のお子さんが

発達障がいというご家庭が

多いように感じます。

 

 

これに関しては

検診などで

発達障がいの傾向があれば

様子見をするという

今の行政の体制の関係もあると思います。

 

 

遺伝ではなく「家族性」

スポンサーリンク

 

よく言われているのは

家族性についてです。

 

 

ADHDの原因は、医学的にはまだはっきりとはわかっていません。
しかし、「家族性」があることや、周囲の「環境」にも原因があると考えられています。

ADHDには、「家族性」があることがわかっています。 家族性というのは、家族に糖尿病や近視の人がいると、自分もそうなる確率が高くなるという意味です。 病気の遺伝子を受け継いだ子どもが、親と同じ病気を発症する「遺伝」とは少しニュアンスが違います。

アメリカで行われたある調査によると、父親か母親のどちらかにADHDがあると、その子どもにADHDがあらわれる確率は最大50%だといわれてます。 また、兄弟姉妹にADHDの子どもがいる場合、いない子に比べ5~7倍の率で発症するというデータもあります。 しかし多動・衝動的な行動に対しては、周囲の対処の仕方で症状の出方は大きく変わります。 ADHDの家族性がある一卵性双生児でも、両方の子が発症する確率が100%ではないのは、成育環境などの影響によるものと考えられます。

引用;http://www.dr-maedaclinic.jp/dq140.html

 

 

このアメリカの研究によると

両親がADHDの場合

最低で20%

 

母親がADHD

7%ほど

 

父親がADHD

15%ほど

 

きょうだいにADHDの子供が居る場合

他の子供がADHDになる確率は25%~35%

 

 

遺伝というかたちではなく

家族性というかたちなので

よく病院の問診票である

「家族に糖尿病の人がいる」

「家族に心臓病の人がいる」

などと同じ感じということです。

 

 

現在のところ、調べられているのが

ADHDの確立なのですが

発達障がいは家族性ということは

認められています。

 

 

子ども全体を対象にした場合

ADHDの発生率は

3~5%と言われています。

 

 

 

息子がADHDの傾向があると言われた時

お父さんが言った事が

「俺も昔、似てたんやけどなぁ」

と言っていました。

「もしかして俺もそうやったんかな?」

と驚いていました。

 

 

 

一回行った道は絶対覚える。

こだわりが強い。

ブロックなどをしていると時間を忘れる。

頭の回転は速い。

いつも何か考えていた。

 

 

 

このように

なんとなく似ているところって

出てくるのかもしれません。

 

 

息子の頑固なところは

昔の私に似ていると思います。

 

 

発達障がいは

多因子遺伝疾患と推測されています。

多因子遺伝疾患の場合は

単純に遺伝というわけではありません。

 

 

遺伝関係なく考えること

スポンサーリンク

 

私が息子だけで

きょうだいを作ろうとしない訳は

先にお話ししましたが

育ててみて、

とても可愛い反面

手助けもとても必要だと感じています。

 

 

それは定型と呼ばれる

子ども達も同じだと思います。

私は息子しか育てたことがないので

比べることは出来ませんが

 

「勝手に育っていく」

「気持ちを教えてくれる」

「運動がそれなりに出来る」

 

他の子を見て

このようなことを感じています。

 

 

そう思った出来事が

つい最近あったのです。

 

息子は火曜日にスイミングの日なのですが

私は後々、金曜日にしようと思っていたのですね。

 

 

次の日が土曜日だし

ゆっくりできるしいいかなぁと思って

息子に聞いても

「それでいい!」と言っていました。

 

 

しかし、たまたまお友達が

一緒の時間にスイミングに行っていることを知りました。

 

 

そのお友達は

金曜日から火曜日に

変更したと言っていたので

「なんでですか~?」と聞いた所

「スイミングを楽しむ体力がないみたい~」

とそのお母さんは笑っていました。

 

 

そのお友達は

体力がないとかではなく

とても元気で体力もある子です。

 

 

その時に

「あ・・・スイミングも過集中かも」

と思ったのです。

 

 

息子はスイミングであれば

何時間も遊んで泳いでいます。

 

 

その子は自分の体力とかのことを考えて

ちゃんと言えるのか~とびっくりしました。

 

 

それと同時に

ちょっとスイミングとかの日は

考えてあげないといけないなぁと

思ったのです。

 

 

過集中は終わった後

かなり疲れがくるので

こちらが見越して

セーブしてあげないといけません。

 

 

些細な出来事ですが

このようなことにも

手助けが必要であったりしますので

私は息子と向き合うので

精一杯だと更に感じたのです。

 

 

 

私としては

親御さんの環境や気持ちが許すなら

きょうだいがほしいと思えば

産んでもいいと思います。

 

 

遺伝するとも限らないですし

家族性といっても

産んでみないと分かりません。

 

 

だからこそ

覚悟や最悪な考えは

頭をよぎっても仕方ないのではないでしょうか。

 

 

1人っ子だとよく言われるのが

 

「きょうだいはまだなの?」

「1人っ子は可愛そう」

「まだ若いんだしあと1人ぐらいは産まないと」

 

などと言われたりします。

 

スポンサーリンク

 

正直思うのですが

この言葉を真に受けて産んだとしても

誰が責任を取ってくれるのでしょうか?

 

 

言った人が責任を取ってくれるのでしょうか?

違いますよね。

 

 

全て産んだ私達が責任を

取らないといけないのです。

 

 

うちもお父さんに

「1人っ子はかわいそう」

と言われたことがあります。

 

 

でも育児を24時間しているのは

私なので

そこはちゃんと話し合いました。

 

 

私自身が1人っ子だったので

きょうだいを作ってあげたかったです。

息子を産んだ当初は

3歳差は入学とかが被るから

せめて4歳差で・・・・と考えていたものです。

 

・・・が私のエゴより

現実を見て考えて

私のキャパを考えて

息子に全力でフォローしようと

考えたのです。

 

 

私は最悪な状況を考えて

きょうだいは、諦めましたが

今では、それでよかったと思っています。

 

 

これから、きっと

研究も進んで

遺伝の関係性なども出てくるでしょう。

 

 

 

気が狂いそうなぐらい大変な時もあるけど

とても可愛いことには

変わりがないということ。

 

 

そして、ゆっくりでも

成長はしていくし

その成長はとても喜ばしいことであるということ。

 

 

子どもも

必死で一生懸命生きていて

成長していこうとするときに

手助けをすることが出来るのが

親である私たちであること。

 

 

周りの

「なんで、もう1人産まないの?」

は無視して

自分の気持ちや

環境を考えて

出した結果であれば

私はそれを優先してほしいと思います。

 

 

 

関連記事


効果のあった集中力の強化サプリメント

 


 

 

 LINEを開設しました。

こちらには

お知らせなどを送らせて頂きますが

感想やお悩みなどもかいて

頂けると読ませて頂きます!

全部に返信は出来ない事もありますが

出来るかぎり

返信していきたいと思っています!

よろしければ

登録お願い致します。

 

友だち追加

 

 

 

人気ブログランキングに参加しています。

良かったらクリックおねがいします。


人気ブログランキング

 

The following two tabs change content below.

さくら

発達障害グレーゾーン様子見の6歳子供の母親です。 赤ちゃんの頃から難しい子と思っていましたが 3歳検診でまさかの発達障害の疑いが・・・。 このブログは、同じように悩んでいるお母さんと想いや悩み そして私の知っていることを共有したい 少しでも多くのお母さんが笑顔になるように思い作りました。 よろしくお願いします。

スポンサーリンク