私も悩んでいたこと。

それは子供のことを

周りにどう伝えるか。

 

早い話カミングアウトするか

しないか。

カミングアウトってするべき?

スポンサーリンク

 

これって、

みなさん悩むところかもしれません。

 

例えば検診で指摘された

療育に行きだした

病院にかかりだした

 

特性が表れだした。

ちょっとクラスで浮き出した。

 

そんな感じに

「ちょっと違うかもしれない」

 

この時って

正直いうと「言わないでもよくない」って

なりません??

 

 

「マイペースな子なんです」

「ちょっとこだわりがあるみたいで」

「怒りんぼうで」

 

オブラートに包んで

いうかたちもあります。

 

 

ここで思うのって

「周りに伝えてしまうのか」

 

どちらがいいのかは

正直わかりません。

 

 

お子さんが

ストレスなく

お母さんも

ストレスなくいれる環境であれば

カミングアウトをする

しないもどちらでもいいと思います。

 

 

だから~すべきは

ないと思っています。

 

 

カミングアウトして周りの反応は?

スポンサーリンク

 

私の場合は

保育園の先生には

先に伝えていました。

 

 

療育で早くお迎えに行ったり

検診で休んだりすることも多く

日中、息子に関わってくれてる

先生には特性を伝えておいたほうが

息子のためだと思ったからです。

 

 

問題だったのは

周りのお母さんに伝えるかでした。

 

お迎えが一緒になるお母さんや

よく遊ぶお友達のお母さんには

悩みながらも伝えました。

 

「実は発達障害のグレーなんですよね」

 

反応どうだったと思います???

 

 

「えー??全然わからへんやん!普通やん!」

 

 

当時の私は

そっか、そっかー

普通に見えてるんだー

良かったなぁ。って

安心してましたけど

今となっては

捉え方が少し違います。

 

 

「普通にみえるからこそ、しんどい」

 

 

失礼な言い方ですが

車いすのかたが

目の前でこけたら

どうします??

 

きっと起き上がるのを

手伝ったりするのではないでしょうか?

 

でもぱっとみ

障害や怪我がわからない

この子たちがこけていても

「すぐ立てるだろう」って

そんな気持ちが出てくる人もいるでしょう。

 

 

普通に見えるからこそ

だからこそ

手助けが必要なのか

そうじゃないのか

分かりにくいので

お母さんも

子どももしんどいのだと思いました。

 

 

 

普通に見える。だから理解をしてもらう

スポンサーリンク

 

カミングアウトして

私の周りでは

デメリットはとくにありませんでした。

 

他のお母さんにも

「そんなん言ったらうちもだよー」と

言ってもらえました。

 

うちの息子は

危機管理能力がなく

「みんな僕に優しい!」と思っているので

誰にでも話しかけるし

ニコニコするし、

可愛がってもらえる子ではあると思いますが

反面、危険でもあります。

 

 

また保育園で

1番長い保育期間だったので

お母さんたちも

ある程度、認識をしてくれていたのかもしれません。

 

先生達にも

カミングアウトをしていたので

接し方や関わり方を

一緒に考えたり

保育園での様子も

細かく聞けました。

 

 

先生も勉強熱心な先生や

ベテランの先生に

担任を持って頂くことも多く

理解という面では

かなり恵まれていました。

 

 

心が折れやすく

「出来ないもん」と言ってしまう

息子を褒めてやる気をださせてもらって

出来なくてもすることが大切なんだよ。と

根気強く教えてもらっていました。

 

 

デメリットという

デメリットはないですが

何か問題を起こしてしまったら

言われるんだろうなぁ・・・という

気持ちは今でも常にあって

役員などは

ちゃんとしようと思って

無駄に気を張っているところはあります。

 

 

 

小学校に進学して

理解をしてもらう範囲が

とても増えました。

 

 

 

例えば、

クラスの人数が増えたので

他のお母さんとは

面識もないので

どんな反応をされるか分かりません。

 

 

もしかしたら

「障害児と一緒なんて勉強遅れないの?」

そんなことを言われたら

どうしようと思ってます。

 

 

いまのところは

改めて保護者全員の前で

カミングアウトする気はありません。

 

 

私の小学校のころ

同じクラスにダウン症のお友達がいました。

でも手助けが必要と分かるし

イジメもなかったんですよね。

 

 

しかし、発達障害グレー児は

パッと見が普通に見えます。

 

 

そして、まだまだ認識もないので

「治るんでしょ?」

「薬とかあるんでしょ?」

「愛情が足らなかったんじゃない?」

認識がされていないからこそ

誤解が生まれて

傷つく言葉がたくさんあります。

 

 

これは当事者しか

分からない言葉かもしれませんが

認識をもっと広めてほしいとも

思うことでもあります。

 

 

カミングアウトの順番が大切

スポンサーリンク

 

お友達から

「○○って障害なんだってなー」

何も伝えられていない子どもが聞いたら

どう思うでしょうか。

 

ショックと不安と

親の裏切りを感じるかもしれません。

 

 

だからこそ

伝えるのは、まず本人から。

 

精神科の先生に聞くと

だいたい小学校4年生のとき

おおいようです。

 

 

お母さんから伝えてもいいけれど

誤解や語弊があってはダメなので

安定しているときに、

お医者さんから本人に伝えるのが

ベストだと言われました。

 

 

伝えるときは

まず本人からが大切だそうです。

 

 

学校の先生や

支援してくれる人への

カミングアウトは必要だと思いますが

そのほかへのカミングアウトは避け

言うのであれば本人からというのが

いいのかなぁと今現在では思っています。

 

 

 

 

今も思う事ですが・・・

発達障害グレーゾーンって・・・・

しんどい!って思ってしまいます。

 

 

小話

発達障害って

凸凹があるからこそしんどい。

 

理解をしていくのも

結構しんどいんだぞおおお!って

たまに思います(笑)

 

 

人気ブログランキングに参加しています。

良かったらクリックおねがいします。

人気ブログランキング

The following two tabs change content below.

さくら

発達障害グレーゾーン様子見の6歳子供の母親です。 赤ちゃんの頃から難しい子と思っていましたが 3歳検診でまさかの発達障害の疑いが・・・。 このブログは、同じように悩んでいるお母さんと想いや悩み そして私の知っていることを共有したい 少しでも多くのお母さんが笑顔になるように思い作りました。 よろしくお願いします。

スポンサーリンク