今朝のニュースを見ていて

待機児童についてのニュースがありました。

 

今回は発達障害に関してではありませんが

育児ということに関して

日記として書いていきます。

 

育成幼稚園の放火も続いているようで

こちらも怖いですよね。

 

さて、待機児童の話に戻していきますね。

 

女性の社会進出を促す政府と

追いつかない待機児童の問題です。

 

 

まず待機児童の定義は?

スポンサーリンク

 

・無認可保育園に通っている場合は対象外

・育休明けの入所希望として、入所予約の場合は、待機児童に含めない

・求職中は原則含まれない

・保護者の育児休業中

 

 

保護者の育児休業中の場合は

自治体によって判断が分かれるといいます。

 

川崎市の待機児童は0となっていますが

保護者が育休中の331人は

待機児童には含まれていないといいます。

 

 

このようなばらつきを改正しようと

3月に定義を見直し

保護者が育児休業中でも

復職の意思がある場合は

待機児童に含むことで統一をしました。

 

 

26自治体が定義を見直しをしなかったといいますが

18年度からは全ての自治体が適用することになるといい

待機児童数はさらに膨らむ可能性があります。

 

 

また「求職中は原則含まれない」というのは

本末転倒です。

 

京都市は保育園を選ばなければ

求職中でも保育園に入園できましたが

それが出来ないのであれば

職を探す事も出来ないのではないでしょうか。

 

 

産休明けに

すぐに入園できた私はラッキーでしたが

保育園は選べませんでした。

 

 

育児もしながらと考えると

103万円の扶養内で働く女性が多いと思いますが

平成30年より新たに出来ると言われている

150万の壁というのも気になるところです。

 

 

私も働きながら保育園に入れていたので

思うのですが

パート代=保育園費

になる月が多く、

働くために保育園に入れているのか

保育園に入れる為に働いているのか

まったく分からない状況でした。

 

 

なぜなら保育園料は

前年度の収入で決まるので

フルタイムで働いていたら

保育園料が高くなるのは当たり前なのです。

 

 

働け働けというわりに

働きに出れない状態のお母さんも多いと思います。

 

さらに消費税の増税や

物価の高騰など

生活基盤の金額が上がって

働かないと生活できない状況なのに

働きに出るには

預け先がないと働けません。

 

 

 

子どもを預けながら働くことの厳しさ

スポンサーリンク

 

子どもって突然、体調を崩します。

しかも感染症も多く

保育園に行けない決まりも多いです。

 

 

そうなると1週間休まざる負えない日も

出てきます。

 

 

私は両親に頼ることが出来なかったため

お休みを頂くための電話をするのが

本当に苦痛でした。

 

責任のない仕事と言ってはいけませんが

私でなくても出来る仕事を

探さないといけなかったのです。

 

 

子どもを産むまでは

私は販売業をしており

週末や大型連休こそ

稼ぎ時で絶対に出勤しないと

いけなかったので

その職種は諦めないといけませんでした。

 

 

事務や、

カレンダー通りのお休みを頂ける職場を

探して働くことになるのですが

急なお休みは当然、職場にも

大変迷惑をかけることになります。

 

 

しかも保育園の時期は

0歳~6歳という

体調も崩しやすく

病気もどんどんもらってくる時期です。

 

 

免疫も体力もない子どもにとって

体調を崩すと言うのは

容易に考えられるのですが

急なお休みが重なると

お母さんのストレスも溜まり

職場への罪悪感も大きくなってきます。

 

 

そして上司が男性の場合

まだ理解がないことも多く

「そんなので休むなんて」

と陰でぐちぐち言われることも多いですし

子どもが居ない女性にも

「あの人休み多すぎる」と

非難されたりします。

 

 

子どもがいるお母さん同士であれば

「お互い様だから」と

言ってもらえることも多いですが

こればっかりは職場の環境や

理解によって変わってきますね。

 

 

待機児童の多い自治体

スポンサーリンク

 

ここで待機児童が多かった自治体を

見てみましょう。

 

引用;https://headlines.yahoo.co.jp/list/?m=asahi

 

新たな計画では、25~44歳の女性の就業率が16年の72・7%から20年代半ばには80%に伸びると仮定。

それに伴って保育施設への入所希望者が増えても対応できるように保育の受け皿を整備していく。

施設のほか、保育士らが自分の家などで子どもの世話をする「保育ママ」などの活用を推進していく。

引用;https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170531-00000006-asahi-pol

 

これ、本当に可能なのかと疑問でしかありません。

保育士さんは今でも

労働時間が長かったりします。

賃金で見てもいい方ではありません。

 

そして保育士さんになる方が少なかったり

離職率も高いのです。

 

それなのに

また負担をかけていくのはどうなのでしょうか。

 

保育士さんでも

お子さんがいるご家庭も多いのに

自分の子供と一緒に

子どもを預かるのでしょうか?

 

 

もし、保育士さんの子供を預けて・・・と

なるのであれば、

その受け皿も必要になりますよね?

 

簡単に保育できると

考えていらっしゃるのかもしれませんが

そんな簡単なものではないと思います。

 

 

隠れ待機児童の問題

スポンサーリンク

 

待機児童とは別に

隠れ待機児童の存在があります。

 

この隠れ待機児童とは

 

・保護者が育児休暇中

→保育園に預けることが出来ずに

育休を延長した場合待機児童に

カウントされない場合がある。

 

・特定の保育所を希望している

→たとえば兄弟で同じ園に入りたいや

家の近くを希望していたり

特定の園を希望している場合

 

・求職活動を休止せざる負えない

→子供を預けることができないので

求職活動が出来ない場合

 

 

この隠れ待機児童は

とても多いです。

上の表をみて頂いても

分かります。

 

 

親であれば

虐待があった保育園を

避けたいと思うのは当たり前です。

 

しかし、その場合でも

特定の園を希望しているということで

隠れ待機児童に入ります。

 

 

 

またお迎えは1回で済んだ方が

お母さんも楽で

子どもも楽です。

 

 

しかし兄弟バラバラの保育園になると

お迎えの時間も

保育園料も高くなります。

 

それであれば一緒の保育園に。。。と

考えますが

それすらも希望の園になってしまうので

隠れ待機児童になるとはびっくりですよね。

 

 

そして、この隠れ待機児童は

2年連続で増えています。

 

 

今困っている人はどうしたらいいのか

スポンサーリンク

 

何年後に後倒しする代わりに

更に受け皿を増やします。

 

・・・と言われても

今困っているご家庭は

どうしたらいいのかって問題です。

 

今困っているご家庭は

何年後ではなく

今改善してほしいことです。

 

そして何年後には

関係なくなる年齢に子供が

育っているでしょう。

 

 

結局、計画通りにいきませんでした。

と言われるだけで

責任って誰がとってくれるのでしょうか。

 

 

働きに出る法律はすぐに

成立するのに

こういうことは

後手後手になって

責任もとってくれません。

 

 

これでは、

少子化になっても仕方ないと思います。

 

 

現在の改善

スポンサーリンク

 

今現在の保育園や

幼稚園で働く従業員の待遇をよくすることが

先に出来ることではないかと思います。

 

 

保育園や幼稚園の新設といっても

簡単に出来る話ではありません。

 

 

我が家の近くに

幼稚園がありますが

子どもがいる時間は

子どもの声でにぎやかです。

 

またお迎えの時間は

子どもも多く車も多く、

道が混雑します。

 

マナーがなっていない保護者の方もいて

問題も多いです。

 

そうなるのは、やはり嫌だと

感じるかたも多いと思います。

そうなると、新設は難しいのではないでしょうか。

 

 

現在は1人っ子が多いのも

共働きが当たり前になって

子どもを産むだけで

お金がかかることになり

若い世代が

「結婚をする意味」

「子供を産む意味」

が見いだせないからではないかと思います。

 

 

子どもを産んでも大変そうだし。

結婚しても意味ないし。

 

そう思われても仕方ないのではないのでしょうか。

 

 

私が今20代前半であれば

結婚もせず

子どもも産まないと思います。

 

なぜなら、

上の人を見ていても

「大変そう」しかイメージがないからです。

 

 

それなら好きに働いて

自分の為にお金を使った方が

楽だからです。

 

だからといって

今、子どもが居て私は幸せですが

子どもがいて大変そうと思ってしまえば

産まない選択も今はありますからね。

 

 

別の問題もある

スポンサーリンク

 

確かに行政は2年ほどで

認可保育園を増やしていると思います。

 

 

 

求職中でも申込みを出来る所もあるのですが

自治体によって違うのですが

大体3か月は入園できるようです。

 

 

その間、

「求職してます」といって

特に求職活動をしていない親御さんも

いるということも問題です。

 

 

本当に働きたい方にとっては

大きな問題ではないでしょうか。

 

 

本来であれば

やはり3歳ぐらいまでは

手元で育てたいと思うのが

親心でもありますが

それが叶わない状況であれば

保育園に預けてでも

働かないといけません。

 

 

ずっと子どもと

一緒にいるのも息が詰まるのも

理解していますし分かります。

 

 

ただ時間がほしいがために

「求職してます」といって

預けるのは考えてほしいと思います。

 

 

少子化が問題になっているのに

待機児童が出てくるのも

不思議ではありますけどね。

 

 

また、この問題については

機会があれば書きたいと思います。

 

 
おすすめ記事


 

 

効果のあった集中力の強化サプリメント


 

 

LINEを開設しました。

100人登録ありがとうございます!!

こちらには

お知らせなどを送らせて頂きますが

感想やお悩みなどもかいて

頂けると読ませて頂きます!

全部に返信は出来ない事もありますが

出来るかぎり

返信していきたいと思っています!

よろしければ

登録お願い致します。
友だち追加

 

 

人気ブログランキングに参加しています。

良かったらクリックおねがいします。

人気ブログランキング

The following two tabs change content below.

さくら

発達障害グレーゾーン様子見の6歳子供の母親です。 赤ちゃんの頃から難しい子と思っていましたが 3歳検診でまさかの発達障害の疑いが・・・。 このブログは、同じように悩んでいるお母さんと想いや悩み そして私の知っていることを共有したい 少しでも多くのお母さんが笑顔になるように思い作りました。 よろしくお願いします。

スポンサーリンク