今日はとてもナイーブなお話をします。

私自身、不安に思っていることの1つです。

 

「発達障がいとイジメ問題」です。

 

画像出展元:https://www.photo-ac.com/

2017年3月15日の教育新聞で

「通常学級での発達障害児いじめ 中学校でからかい多い」

という記事がありました。

 

 

からかいがイジメかと言われれば

本人の受け取り方になりますので

難しい問題だと思います。

 

 

親が適切なサポートを学校側に求められれば良いのですが、

親も発達障害を知らなくて子供に無理解だった場合、

子供はひとりで耐えることになります。

 

 

逆に、自分の子どもが いじめていると分からずに

加担してしまう例もあるでしょう。

 

「いじめられる側にも問題がある」 という意見もあります。

 

 

でもね、 問題があろうが無かろうが、

いじめていい訳ではないと私は思うのです。

それを理由にいじめていいことには

ならないと思うのです。

 

 

発達障がいの中でも 空気が読めなかったり

相手の気持ちを汲み取るのが苦手な子どももいます。

 

 

そういった場合

相手を知らない間に傷つけることもあるでしょう。

それをいじめととられる時もあるかもしれませよね??

 

発達障がいはからかわれやすい。

確かにそうだと思います。

 

なんか空気の読めない子

なんか変わった子

 

こんな風になりやすいですが

逆に自分の子どもが

人を知らない間に

傷つけている可能性も

あるのではないかと私は考えました。

 


普通級か支援級か

つい、去年の夏ごろ

とても悩んでいました。

 

「普通級か、支援級か」

 

普通級で様子をみて

無理そうなら支援級にいこうか。

逆に支援級で最初は過ごして

普通級にいこうか。

 

調べていると

支援級から普通級の変更はできる!

と書いてあるところもありますが

それだけではない模様。

 

まず、通学する小学校に

通級から普通級への変更をした実績がある子どもがいるか。

また、それを学校が認めているか。

 

そういったことを通学する学校に聞いた方がいいと。

 

スポンサーリンク

 

息子の特性について

うちの息子は

低身長の疑いがあり

骨の成長が約2年遅れています。

運動関係は苦手なことが多いです。

 

 

ADHDの傾向にある

手先が不器用

注意がそれる

気分にむらがある

思いついたまま口に話してしまう

自分の行動を客観的にみれない

 

精神面でいうと

心が折れやすく、

ちょっと嫌なこと、苦手なことがあると

「出来ないいいい!」と拗ねて怒ります。

気分の切り替えもしずらいです。

 

冬は苦手で

許容量がへってしまい

今までは大丈夫だったことが

ダメになってしまったりします。

 

逆に夏は活発で

色んなことをしようとして

怪我をしたりします。

 

変に人に優しすぎて

自分の気持ちを殺してしまってまで

我慢してしまうふしもあり

またまた逆に

「そこは大丈夫やん!」ってことが

許せなかったりします。

 

 

ちょっとお友達が他の子と遊んでいると

拗ねて1人で遊んでしまったりします。

 

注意をすると

全人格を否定されたみたいに

大げさにショックを受けてしまいます。

注意のしかたも寄り添いながら

気持ちを聞きながら

それでもダメなものはだめだよと言わないと

自分のショックだった気持ちを

永遠と伝えようとします。

 

 

聴覚過敏でがやがやしている教室は大丈夫か。

注意はそがれないか。

 

そんなことが重なって

健常児の子どもと過ごして行けるのか??

とても不安でした。

 

スポンサーリンク

 

授業もちゃんと聞いて過ごせるのか

忘れ物は多くならないか

お友達とトラブルにならないか

めげてしまって嫌になってしまわないか

喧嘩はしないか

イジメられないか

知らずにいじめてしまわないか

 

 

小学校の校長先生に面談にいって

療育の先生に話をきいてもらって

心理士さん、精神科医さんにも話をきいてもらいました。

リハビリの先生にも体育についていけるか

悩みを話していました。

 

どちらの学級に行ったって

怖かったのはイジメや

二次障害といわれている

引きこもりや登校拒否

心身症や、鬱

学習意欲の低下や欠如

学習の遅れ

対人恐怖症、などです。

 

 

また、いじめに加担してしまわないか。

相手を知らないうちに傷つけてしまわないか。

 

療育に通いだしたころは

障がいを持っている子供を育てているのが

恥ずかしいと

自分の保身を考えていたように思います。

 

だから最初は療育のことも

隠していましたし、

保育園の先生にも言えませんでした。

 

全ては何となく恥ずかしい気持ちから

隠してしまっていたのですね。

 

 

でも、本当に考えないといけないことは

子どものこと。

 

だからこそ、だからこそ

周囲の理解を得れるように

先生や大人にお話をしにいったり

本人にも、自尊心を保たせながら

自分の特性を伝えていかないと

いけないと思うのです。

 

本人は

「自分のどういう表現が相手を傷つけているか」

分かっていない時が多いです。

思った事をすぐに口にだしてしまったり

衝動的に言葉にしてしまうときがあるからです。

 

 

相手に理解してくれ!

とこちらから求めるばかりではなく

こちらも出来ることは

していかないといけないと思っています。

 

 

二次障害を防ぐために

スポンサーリンク

 

小学校は楽しいところ!

親ならそう思って学校に行ってほしいですよね。

 

それが「行きたくない」と

不登校になってしまったり

学校にいこうとすると

お腹が痛くなったり体の不調として表れてしまったり。

 

 

心配もするでしょうし

「なんで行きたくないの!?」と怒ってしまうときもあるでしょう。

 

小学校で上手くいかないことが多かったり

お友達と比べて上手くいかないことばかりだったり

そうなると自尊心や自己肯定感が

著しく低くなってしまいます。

 

「僕なんて何もできない」

「比べられたくない」

「いつも注意される」

「自分に自信がない」

 

 

子どもがそんな気持ちを抱えてると想像するだけで

泣きそうになってしまいます。

 

違う保育園でも失礼ながら

支援級のほうがいいんじゃないかなーと思うお子さんが

普通級にいくと聞きました。

 

その時に感じたことは

「子供は大丈夫??」

 

さきほど言ったように

自尊心や、自己肯定感が常に傷つけられると

二次障害に繋がりやすいです。

 

鬱に似た症状から

本当に鬱になってしまったり

引きこもりや、不登校になってしまったり

PTSD,適応障害、解離性障害など

自分の内側に閉じ込めてしまう子と

外に向かってしまう子がいます。

 

外に向かうと

反抗的・攻撃的になってしまったり

非行や暴力などに走ってしまうケースもあります。

 

そうなると

いじめる側に回ることだって

残念ながら考えられます。

 

そんな二次障害を防ぐために

何ができるのか。

そんなことばかり考えていました。

 

支援級から普通級に変更するとしたら?

スポンサーリンク

 

通う小学校の支援級を見学させてもらいました。

気を付けないといけないのは

「支援級が崩壊していないか」

 

支援級といいつつも

みんなが奔放に走り回ったり

叫んでいたり

小学校というより幼稚園のような状態の

支援級もあるようです。

 

ちゃんと支援級として機能しているか

そこを見たくて見学させて頂きました。

 

通学する小学校の支援級は

落ち着いた雰囲気で

ほのぼのと各自のペースで

お勉強をしていました。

 

「ここなら大丈夫だな~」と安心しました。

 

しかし、後日公園で

「おまえは○○学級だろー!」

子どもたちが言い合っているのを聞きました。

 

子どもはいい意味でも

悪い意味でも素直です。

 

いじめようと思って

言ってる訳ではないと思いますし

悪気があって言ってる訳ではないと思います。

 

でも、ここでイジメのことをさらに考えるようになりました。

 

支援級から普通級に変更になれば

もちろん同級生は「○○学級の子」となるでしょう。

 

お友達のような感じだけど

なんとなく違う感じもする・・・。

そんな感じでしょうか。

 

 

雰囲気で歓迎されてないと感じてしまったら

心が一人ぼっちになってしまうでしょう。

 

息子はプライドが高いので

悪気なく言われたとしても

自己肯定感なんて、なくなってしまうでしょう。

自信なんて持てなくなると思います。

 

支援級というのは恥ずかしいとか

遅れている子が通う学級という見方もありますし

同級生とコミュニケーションを取らないでいいという訳ではなく

結局は学校生活の中でのからかいなどはなくなりはせず、

支援級に入ったことで余計にバカにされたり、

障害をからかわれたりする可能性もでてきます。

 

 

しかし「支援級」と言う名前と

先生などに守られていると

逆にそうとも取れます。

 

普通級にいって

陰でこそこそと言われたり

「あいつ変なやつ」と

仲間外れにされたりされるぐらいなら

支援級の方がいいのではないか?

こんな風に考えました。

 

もしイジメられたとしても

息子はちゃんと私に話してくれるのだろうか。

暴力を振るわれたりしないだろうか。

バカにされたりしないだろうか。

自分で自分を出来ない子と評価してしまわないか。

イジメだと理解せずに加担してしまわないか。

 

 

自問自答と専門家の意見を参考にして

結果的に息子は普通級に通いつつ

通級も通い

どうしても遅れが目立つようなら

支援級に移動することにしました。

 

スポンサーリンク

 

褒めるよりも愛情表現

息子をみていて思うのですが

発達障がいを持つ子供は

少し違う見方で

こちらの気持ちを認知しているように感じる時があります。

 

「すごいね!かっこいいね!!」

褒めることも、もちろん大切です。

 

でも褒められたいから

頑張りすぎてしまったり

褒められるために行動を起こしてしまったり

「良い子」の枠にはまろうとしてしまったりと。

 

求められてるから頑張ろう

 

ちょっと違う認知になっているなーと思うときがあります。

 

褒めるだけではなく
「あなたをちゃんと認めてるよ」

「どんなあなたもちゃんと受け止めるよ」

「なんでも話して大丈夫だよ」

「ちゃんと信じるよ」

 

という気持ちが伝わるような

愛情表現こそ大切なのかなと感じます。

 

 

抱きしめるのか

気持ちに寄り添うのか

手をつなぐのか

何を話しても怒らずにいったん受け止めるのか

 

愛情表現って難しくて

どう伝えるのか模索中ですが

息子に伝わりやすい方法を見つけたいと思います。

 

我が家の三カ条

認める

信じる

褒める

 

これを念頭に

息子に自信をなくさせないように

自己肯定感を下げ無いように

自分で自分に自信の持てる環境を

作れるようにしていきます。

 

 

そして、いじめられる

いじめているということが発覚したときは

出来るだけ早く対処出来るように

ちゃんと様子をみていきたいと思っています。

 

小話

「ぎゅーさせてー」

と息子によっていくと

「もうーやめてえええ」といいつつも

にやにやしてる顔が可愛いなぁと思う今日この頃です。

 

もうすぐ本気のトーンで

「やめて」って言われる日もくるんだろうなぁと

寂しく思っています(笑)

 

 

 

人気ブログランキングに参加しています。
良かったらクリックおねがいします。

人気ブログランキング

The following two tabs change content below.

さくら

発達障害グレーゾーン様子見の6歳子供の母親です。 赤ちゃんの頃から難しい子と思っていましたが 3歳検診でまさかの発達障害の疑いが・・・。 このブログは、同じように悩んでいるお母さんと想いや悩み そして私の知っていることを共有したい 少しでも多くのお母さんが笑顔になるように思い作りました。 よろしくお願いします。

スポンサーリンク